洗濯に関する意識調査!“洗濯表示”が変わるって知ってる?

Clothing labels with laundry care symbols close-up. Shallow DOF.

みなさんは、自分が衣類を購入するときや洗濯するとき、衣類についているラベル=「洗濯表示」を確認していますか?実は、この絵表示が12月から変わるのです。普段みなさんが「洗濯表示」について、どれぐらい理解して、活用しているのか、日常的に洗濯をしている既婚女性223人にアンケートを実施してみました。

洗濯マーク?洗濯表示?このマークの名前は?

まずは下図の絵表示を見てもらい、このマークの呼び方について質問してみました。

Q1 これらのマークの呼び方(総称)をお答えください。

mark_01a

これは、いわゆる衣類の「取扱い絵表示」です(以降、”洗濯表示”を「取扱い絵表示」とします)。

回答していただいた方の8割以上が「洗濯表示」、「洗濯表示マーク」、「洗濯絵表示」、「洗濯マーク」等と記入していました。いろいろな名前で呼ばれていますが、どれも同じこと。このマークについて、大多数が認識していると言えます。

そして、実際に服を買うときに「取扱い絵表示」を見ているか、聞いたところ…

Q2 衣類購入時に「取扱い絵表示」を見ていますか?

絵表示データgraph1

7割以上の人が衣類購入時に「取扱い絵表示」を確認していることがわかりました。

さらに、衣服の購入時の重要なポイントとして、「取扱い絵表示」を見ているか聞いたところ…

Q3 「取扱い絵表示」を見て、買うのを止めたことがありますか?

絵表示データgraph2

「取扱い絵表示を見て買うのを止めたことがある」という人が、実に5割強もいました。

購入を止めた理由としては、「自宅で洗えないものだったから」「洗濯機で洗えない」「手洗いしかできない」などが多数でした。

最近はファストファッションのブランドも多く、手頃な値段で衣服を手に入れることができますが、購入後に手洗いでの洗濯やクリーニングなどが必要となるものは、やはり避ける傾向があるようですね。

洗濯のときに絵表示を確認している人は9割以上

では、最初の洗濯時に「取扱い絵表示」を確認している人はどれぐらいいるのでしょうか?

Q4 最初の洗濯時に、「取扱い絵表示」を確認していますか?

絵表示データgraph3

確認している人は9割以上。新しい衣服だから、大切に着たい、なるべく長持ちさせたいと思うのは、みな同じようですね。

Q5 「取扱い絵表示」の内容(指示)に従って洗濯していますか?

絵表示データgraph4

しかし、実際に表示に従って洗濯している人は6割にとどまりました。 なぜなのでしょうか?

理由を聞いてみると「面倒だから」という人が多数。そのほか「とりあえず、洗濯ネットに入れておけば、洗濯機でも大丈夫そう」という自己判断や、「最初は気にしていたが、着古してきたらだんだん守らなくなった」などという回答もありました。

とくに既婚女性の場合は、家族の分も洗濯しなくてはいけないことが多いため、ほかの衣類と分けての洗濯はやはり面倒になってしまうようです。

また「従わなくても大丈夫なことが多いから」というような回答もありました。

実は、今まで『取扱い絵表示』は”この洗い方をおすすめします”という意味の「指示(推奨)表示」であり、表示よりも厳しい条件で洗濯しても大丈夫な表示になっていました。よって、「水洗い不可」の記号がついた衣類でも、家庭用洗濯機のドライコースなどでの洗濯が可能なものも多かったのです。

今年の12月から「取扱い絵表示」が変わるって知ってた?

私たちの家庭洗濯の指針として、親しまれてきた「取扱い絵表示」ですが、実は、今年の12月から新しくなります。これについて聞いてみたところ…

Q6 2016年12月に、「取扱い絵表示」が変わることを知っていますか?

絵表示データgraph5

なんと8割近くの人が「知らない」という結果でした。

今回の表示変更の理由は、近年、衣類などの生産や流通における海外との取引が一般的になったことや、家庭洗濯機や洗剤類が多様化し、商業クリーニングの技術も進歩するなど衣類製品を取り巻く環境が大きく変化したことから、その変化に対応するために国内外で取扱い表示を統一することになったためです。 ISO(国際規格)の表示記号に合わせた新しいJIS(日本工業規格)が制定され、実施することになりました。

大きく変わるのは、マークに加えて、これまでの「指示(推奨)表示」から「上限表示」になること。「上限表示」とは、「これよりも強い処理を行うと衣類や繊維がダメージをうける可能性がある」という意味なのです。

つまり、今までは「取扱い絵表示」に従わなくても、大丈夫だったとしても、12月以降の「取扱い表示」はしっかりチェックする必要があります。大切な衣類を長くキレイに着るためには、新しい「取扱い表示」を確認しておくことが重要ですね。

※新しい「取扱い表示」の詳しい情報はこちら

※日常的に洗濯をする20〜60歳の既婚女性223人にアンケート(Fastask調べ)

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-22 15:37:29

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!