[スタイリスト小山田早織さんに聞く]特別な日のオシャレにぴったりな香りの柔軟剤とは?

_43A0304b

旦那さんと久しぶりのデート。今日は子どもを実家に預けてきたので、オシャレしておでかけ。香りにもこだわりたいけど、香水をつけるのも気恥ずかしい感じ。そんなときのオススメを、日本テレビ「ヒルナンデス」をはじめ、ファッション誌「CanCam」や「With」でおなじみの人気スタイリスト小山田早織さんに聞きました。

香水を選ぶように、柔軟剤も選ぶ

香水やアロマ、柔軟剤など、“香り”が大好きで、とても癒しを感じるという小山田さん。実は、柔軟剤を何種類もそろえていて、その日の気分や洗うアイテムなどに合わせてチョイスしているのだとか。

「香りによって、やる気が出たり、落ち着いたり、勇気をくれたりすることもあるので、いつでもお気に入りの香りを常備しています。

たまに香水をつけ忘れてしまうこともあるのですが、そんなときでも良い香りの柔軟剤を使っていれば、しっかり香ってくれて、『今日良い香りがするね』と言ってもらえることもあります。これって、女性にとって、すごくうれしい褒め言葉だと思っているので、いつも家事や育児で頑張っている友人へのプレゼンにも、香りのグッズを選ぶことが多いですね」。

_43A0284aa

そんな香りにこだわりを持つ小山田さんに、2016年春、花王から発売したプレミアム柔軟剤「フレアフレグランス IROKA」を体感してもらいました。「Airy(イノセントリリー)」、「Dress(アリュールローズ)」の2種類の香りがあります。

「まずパッケージがおしゃれで、持っているだけで女子力が上がる感じがします。普段は、柔軟剤は無地のボトルに詰め替えしてしまうのですが、これはそのまま飾っておきたい感じ」。

_43A0332a

「香りは、どちらも本当にいい香りですが、私は『Airy』派。自然なユリの香りなので、白いシャツなどを洗うときに選んでいました。香りが長持ちするので、女子力が上がったような気分になれました。逆に、『Dress』はゴージャスな印象で、下着などにぴったりな香り」 。

いきなり香水を買うのはハードルが高いですが、新しい柔軟剤を取り入れるのは、気軽にできますね。

香水を選ぶように、柔軟剤も選んでほしい。たとえば久しぶりのご主人とのデートで着る洋服にいい香りが広がるように、あらかじめ洗っておくといいですね。自然な香りが内側から漂うので、カジュアルに女性らしさをアピールできますよ」。

昼下がりのデートには、ナチュラルなユリの香り

そんな柔軟剤の使い分け。どのようなデートシーンに、どの香りが似合いそうか、小山田さんに聞きました。

_43A0378a

お天気のいい昼間にご主人とデートをするなら、上品で清楚な雰囲気のグレーのグラデーションコーデがオススメ。そんなときは、『Airy』のような、ナチュラルで自然な香りがいいですね」。

_43A0221a1

「カジュアルなイタリアンレストランに行ったり、ショッピングを楽しんだり、アクティブに過ごしたい日にぴったり。電車やクルマの中でふわりと漂う、さりげない香りに、ご主人も気付いてくれるはず」。

夜のデートには、華やかなローズの香り

「夜のデートには、シックに決めたモノトーンスタイルにチラ見せを加えて、大人女性をアピールしたコーディネート」。

_43A0211a

「『Dress』のような、ローズの華やかな香りを纏うのがいいと思います。記念日のお出かけに、ホテルのバーで…。恋人のころを思い出すような気持ちになれそうです」。

_43A0390a

「また、洋服だけでなく、ワンランク上の使い方で女子力アップも狙いましょう。 『フレアフレグランス IROKA』は、内側から香ってくる印象なので、洋服だけでなく、下着やキャミソール、ペチコートなどインナーに使うのもいいと思います」。

今まで上級者向けと思っていた香りのオシャレですが、柔軟剤なら取り入れやすいですね。その香りを流行のアイテムに合わせることで、旦那さんとのデートもより楽しくなりそう。次の記事では、ライターの私が、「フレアフレグランス IROKA」の使用感についてレポートします。

取材協力=スタイリスト 小山田早織さん

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-22 18:13:25

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!