[スタイリスト小山田早織さんに聞く]旦那も胸キュン!?オトナの秋冬デートコーディネート術

_43A0284b

旬のアイテムを着こなして、いつもとちょっぴり違う1日を過ごすにはぴったりな秋。たまには週末、実家に子どもを預けて、ご主人とデートに出かけてみては?今回は、日本テレビ「ヒルナンデス」をはじめ、ファッション誌「CanCam」や「With」でおなじみの人気スタイリスト・小山田早織さんに、ママにオススメしたい2016年秋冬オススメのデート服について聞きました。

昼下がりのデートは、ワントーンコーデで決める!

この秋冬はワントーンコーデがトレンド。個人的には、グレーで作るグラデーションコーデにハマっています。アウターにキレイめなライトグレー、インナーにダークグレーとカラーを重ねていくと、おしゃれ上級者です。バッグなどの小物に白を持ってくることで、全体のトーンが明るくなります」。

_43A0221a1

黒だと強すぎるけれど、グレーだと全体的に女性らしく仕上がり、スタイリングもしやすいそう。春夏から継続して人気のパステル系とも相性がよく、これらの色と組み合わせるのもおすすめだとか。

「トップスは、Vネックのリブニットをチョイスしました。昨年まではボトルネックがトレンドでしたが、今秋はVネックで鎖骨をキレイに見せるのがポイントです。リブニットは今年のトレンドアイテム。細リブ、太リブなどさまざまあり、白・黒・グレー・ネイビーなど、ベーシックカラーを1枚持っておくと着まわしがきき、かなり重宝しますよ」 。

_43A0221aa

このトップスに合わせるのは、タイトスカート。

「タイトスカートとタイトニットの組み合わせは、ボディラインが気になる方もいるかもしれませんが、ここはデートですから、思い切って出してほしいなと思います。その分、ロングカーディガンを羽織ることでカバー。

レストランなどでは、颯爽とカーディガンを脱いで、『おおっ!』と、旦那さんをドキドキさせてしまいましょう。脱いだカーディンガンを手元に置くことで、お腹周りを目立たなくすることもできます」 。

そして、洋服の素材が全体的にやわらかいので、バッグはカッチリめのタイプを合わせて全体を引き締めます。

白のバッグがオススメ。子どもと一緒だと、白は汚れるから持たないという方も多いと思いますが、とっておきのデートだからこそ、白を持ってほしいです」。

夜のデートは、デコルテ見せで女性らしく

夜は、トップスのオフショルダーで鎖骨をチラ見せすることで女性らしさをアピールしてみては?オフショルダーはムリ!という方も多いですが、そこはデートですから。出してしまえば意外と大丈夫。スクエアカットの出しすぎず、出さなすぎずの品のいいオフショル感がオススメです」 。

_43A0204aa

オフショルのトップスに合わせるのは、今年一番のヒットアイテム、プリーツスカート。 「プリーツスカートは、今年のマストアイテム。春夏はガウチョが流行りましたが、ガウチョパンツをプリーツスカートにするだけで、ぐっと新鮮さが増します」。

_43A0211a

「ウエストの後ろ部分がゴムになっているタイプのものなら、ラフな着心地。全体的にモノトーンでカッコよさもプラスしているので、雰囲気の良いレストランデートにもぴったりですよ!」。

_43A0276a

たまのデートだからこそ、パンプスを履いて!

今回ご紹介いただいた2コーディネートとも、足元はパンプス。 私自身もそうですが、子育てに追われる主婦は、歩きやすく、子どもの機敏な動きにもすぐに対応できるスニーカーやぺたんこ靴が基本。「だからこそ、デートのときぐらいパンプスを履いてほしい」と小山田さん。

_43A0228a

「スニーカー姿の奥様はいつも見ている姿。ならば、パンプスを履いて、女性らしい姿を見てもらいましょう!3㎝ぐらいのヒールなら疲れないし、自分の足に合ったものならむしろ歩きやすいぐらいです。パンプスを履くことは女性にしかできないおしゃれの楽しみ。ぜひ、普段とは違うご主人との大切な時間を楽しんでほしいですね」 。

女性らしいラインを強調する細身スタイルやデコルテ見せなど、子ども中心の生活だと難しいスタイルですが、たまの旦那さんとのデートのときぐらいチャレンジしてみたいと思います。

取材協力=スタイリスト 小山田早織さん

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-22 18:13:31

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!