ツリーと小物で、子どもと一緒にクリスマスのデコレーションを楽しむコツ

CC COMPANY-ph2b

クリスマスの飾りつけは、子どもと行なってもとっても楽しいもの。わが家の子どもたちも、小さいころは一生懸命飾ってくれました。そこで今回、子どもと一緒にクリスマスのデコレーションを楽しむコツを「代官山 クリスマスカンパニー」の山科俊介さんに聞きました。

身近な場所から少しずつクリスマス色に染めるのが楽しい

「まずは子どもと一緒にどこに、どんなデコレーションをするのか考えてみましょう。クリスマスの装飾をするときは、一気にやってしまうのもいいですが、身近な場所から、狭い範囲で一点一点クリスマスの置物などを増やしていくのも楽しいもの。11月にスタートすれば、だんだんとクリスマスへの気持ちも高まり、雰囲気が作りやすくなります」。

ツリーの飾り方もさまざま

「クリスマスの装飾の主役といえばやっぱりツリーという印象があります。大きなツリーを飾る場合は、置き場所を決めて1日で飾ってしまうのもいいですね。

ツリーをバランスよく飾るコツは、オーナメントの色を4色以内にすること。そうすると、まとまりのあるツリーになります。飾るときは、大きいオーナメントから飾り付け、間を埋めるように小さいオーナメントを飾っていくとバランスが良くなります。

当店のツリーは大きなものだけでなく、一番小さいものでは高さ15cmからあります。また壁掛けのツリーや電気装飾のツリーなど種類も豊富。

ですからお部屋のいろいろな空きスペースに、ツリーを飾っていくという装飾もありますね。置く場所によりカラーをそろえるとまとまりのある装飾になります」。

クリスマスまでの日々をずっと楽しめる工夫を

子どもと一緒に飾りつけをするなら、お部屋にいるとワクワクするような装飾を工夫してみましょう。すべて飾って終わりではなく、たとえばアドベントカレンダーのようにクリスマスまで毎日1つの扉を開けて、中のオーナメントをツリーに飾っていくことができるものを準備したり、クリスマスのお菓子を作ってみたり。それを飾ってみるのもオススメです。

クリスマスまでの日々が毎日ずっと楽しく過ごせるようにできると、当日は気分がマックスで盛り上がれますよ」。

クリスマスは装飾をするときはもちろん、完成したあとのお部屋で過ごす時間も楽しみたいもの。確かに毎日新しいオーナメントを少しずつ飾るのも、気分がだんだんと盛り上がり、アリですね。また大きなツリーだけでなく、部屋のいろいろな場所にクリスマスアイテムをさりげなく飾るのもウキウキするコツですね。

取材協力:代官山 クリスマスカンパニー

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-26 09:11:48

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!