準備から後片付けまで30分!子どもと一緒に作れるYOMEちゃん直伝クリスマスケーキ

yome01b

今年のクリスマスは、子どもと一緒にケーキでも作ってみませんか? とはいえ、飽きっぽい子どもは、やる気があるのは最初だけ、途中で投げ出して、ママ・パパ任せにしてしまわないかと心配ですね。準備からストレスフリーな食器洗いのコツまで、子どもが飽きる間もないほど簡単にできちゃうクリスマスケーキのレシピを、人気料理研究家のYOMEちゃんに聞きました!

オーブン不使用で簡単!たったの30分でできるフルーツサンドイッチケーキ

yome02

材料( 直径15センチ高さ18センチのケーキ1台分)

サンドイッチ用食パン…10枚
生クリーム…100cc
砂糖…10g
イチゴ(7mmの角切り)…10個
ラズベリー …5個
ブルーベリー…10個
ミントの葉…適量
アーモンドダイス(ローストしたもの)…20g

【下準備】※はカスタードクリームの材料なので、ママが事前に作っておきましょう。
※卵黄…2個
※砂糖…30g
※牛乳(沸騰直前まで温める)…200cc※薄力粉…10g
※コーンスターチ…20g

1.ボウルに卵黄・砂糖をあわせてクリーム色になるまですり混ぜる。

2.薄力粉とコーンスターチをふるい入れてゴムベラで切り混ぜ、粉っぽさがなくなったら、牛乳を加えてよくかき混ぜる。

3.フッ素樹脂加工のフライパンに入れ、たえず鍋底をかき混ぜて焦がさないように注意しながら沸騰させ、とろみがつくまで炊く。

4.清潔なバットなどに流し入れ、ラップをして保冷剤などをのせて急冷させる。

コーンスターチを入れて、粘度を高めたカスタードクリームは、しっかりくっつくので、ノリ代わりになります。

作り方(調理時間: 30分 )

1.ボウルに生クリームと砂糖を合わせて、泡立て器ですくい上げたときに角が立つまで泡立てる。8分だて程度でOK。

yome08

(2)〜(4)は、幼稚園児、小学生の子どもなら、充分お手伝いできる内容なので、ぜひ手伝ってもらいましょう!

2.ラップの上に、長い辺がヨコ、短い辺がタテになるようにサンドイッチ用パン1枚をのせ、カスタードクリームを大さじ1塗る。海苔巻きを作るときの要領でラップを使って、手前からパンを巻いてロールサンドイッチにする(写真下の中央にあるもの)。

3.サンドイッチ用パンを2枚並べ、全体にカスタードクリームを大さじ2塗り、イチゴを1/3量ちらす。(2)で作ったロールサンドイッチを手前から巻きこむ。

yome05_3

同様にパンを3枚並べ、全体にカスタードクリームを大さじ3塗り、イチゴを散らして巻き、最後は4枚のパンにカスタードクリームを大さじ4塗り、残りのイチゴを散らして巻き重ねる。

yome06

巻き終わったらラップでキャンディー状にして形を整える。その後はずして、両端をそろえて立てる。

ラップで巻いて、しっかり形を整えることで、皿の上に立たせやすくなります。

yome07

4.(1)の生クリームを上から垂らすように塗り、パレットナイフで軽くならす。イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、ミントの葉を飾り、アーモンドダイスをケーキに1周張り付ければ完成。

ぴちっと巻けて、接着剤の役目をするカスタードなので、子どもがざっくり巻いたり、ラフに飾っても大丈夫。

yome09

YOMEちゃんのお手伝いポイント

yome01

  • 火にかけるカスタードクリームや包丁で切るイチゴの準備は、大人が担当をしましょう。あとは、子どもに好きなようにやってもらってOK。
  • 小学生未満でケーキをうまく巻けないなら、無理に巻かずに、塗って重ねるを繰り返してミルクレープのように作ってもよし。
  • 「クリームの上にいちごを散らす」「最後のフルーツをトッピングする」だけでも達成感がはぐくめるはず。高学年なら、クリームを泡立てたり、切ってサーブするのもやってみてもいいですね。

後片付けまで楽しくやる3つのコツ

子どもと一緒に後片付けまで楽しくやるコツを、YOMEちゃんが教えてくれました。

1.楽しい会話ととにかく褒める…「楽しかった」「おいしかった」という気持ちがあれば、きっとやってくれるはず。「次もお手伝いして何か作りたい」と思ったらお片付けもやってくれるはず。

2.ストレスフリーな食器洗い…お菓子に使う調理器具は、スポンジが届かないミゾやスキマが多いもの。ついつい洗うのが億劫になってしまいます。しかし「キュキュット CLEAR 泡スプレー」を使えば、スプレーして1分放置。あとは流すだけでスッキリ。これがあれば、ママの食器洗い時間も短縮できちゃいますね。オレンジの香りのほか、微香性タイプのグレープフルーツの香りもあります。

yome04

3.やれるところだけ、しっかり分担…ママが食器洗いをしている間に、その脇では子どもに食器拭きをしてもらいましょう。お菓子作りは道具も大事なので、次回使うときまでしっかり保管することも学びます。

YOMEちゃんの技を実践して目指せラクして楽しいクリスマス!

昨年は、クリスマスケーキを子どもたちと一緒に作ろうとスポンジを買い、デコレーションは子どもたちにお願いしました。その結果、キッチンには生クリームが飛び散り、中に挟むイチゴはつまみ食いで足りなくなったり、大惨事に。今年はYOMEちゃんの技を使って、私はもっとラクに、子どもには楽しくおいしい経験にしたいと思います。

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-05-28 00:36:37

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!