[白洋舎に聞く!]クリーニングで洗えないものとは?自宅のお洗濯と上手に使い分けよう

131002-03-main

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

家庭では手入れが難しい衣類や布団などもすっきり洗い上げてくれるクリーニング。

便利に活用したいところですが、実は家で洗ったほうがよいものもあるのだそう。

株式会社白洋舎の洗濯科学研究所さんに教えていただきました。

クリーニングに向かない素材はタグで確認

金属繊維を含んだ衣類は、形状が変わると元通りに戻すことが難しいため、クリーニングでは洗えません。

※金属繊維とは…
ステンレスなどの金属を細く糸状に引き伸ばしたもの。糸の芯に使用したり、生地に織り込むなどして使用します。金属繊維を使用した衣類には、独特のシワ感や光沢があります。

しかし、シワが変化しやすく、繰り返しの曲げ伸ばしで切断すると、皮膚を傷つける こともあります。

衣類に取り付けられたタグに、金属繊維、ステンレス、スチール、アルミニウムなどと書かれている場合は、家でこまめにブラッシングしたり、対応しているおしゃれ着用洗剤で洗ったりするのがよさそうです。

ウォッシャブルならワイシャツやスーツも自宅で洗える

「スーツやジャケットはクリーニングに」と思っている方も多そうですが、近頃はウォッシャブルスーツや形状記憶シャツなども数多く販売されています。

そういったものなら、家で洗ってもOK。水洗いができるタイプならこまめに洗えて、いつもさっぱり清潔なものが着られますね。購入するときに、自分の生活スタイルに合わせて検討するとよいでしょう。

ただし、型崩れが目立ちだしたら、クリーニングでの仕上げを勧めます。

自宅でできるプロの技!

「家でも汚れをしっかり落とすには、洗濯に使うお湯の温度が大事」と、高坂さん。

白物や綿・麻の衣類は40℃程度のお湯で洗うのがポイント。ただし、温度が高いと色落ちや変形の可能性もあるので、色柄モノやポリエステルを洗う場合は、常温水で洗いましょう。

ちなみに、さらに高温だとより汚れが落ちるのですが、日本の洗濯機はあまり熱いお湯に対応していないのだとか。

ヨーロッパなどの洗濯機は高温OKなので、お洋服のタグにも「90℃」なんて表示がみられるそうです。

もちろん、家ではクリーニングと違ってこまめな洗濯ができるため、ちょっとした汚れには素早い対応が可能。

1着あたりにかかる金額も、当然自宅洗いのほうが抑えられますね。

家庭でのお洗濯とクリーニングをうまく使い分けて、衣類の長持ち&節約上手を目指しましょう♪

 

取材協力:株式会社白洋舎

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:50:56

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!