育児中のご家庭にオススメ! 吸着率がアップした「クイックルワイパー」を使ってみた

DSC00866

今年8月、我が家に2人目となる子どもが産まれました。

赤ちゃんとの暮らしで、今まで以上に気になりだしたのが部屋のホコリ。

産まれたばかりの子どもに、できるだけ清潔な環境を提供したい。

でも実際は、子どもが増えてやるべき家事の量が増え、なかなか掃除に手が回りません。

131002-08-01

リニューアルしてゴミの吸着力がさらにアップ!

そんな我が家が、最近購入したのが「クイックルワイパー」です。

1994年に発売された「クイックルワイパー」は、今年秋に商品内容をリニューアル。

フローリングなどの掃除に適した「立体吸着ドライシート」は、掃除機では取れにくい、静電気によって床に付着したホコリなどをしっかり吸着。サラサラの気持ち良い床に。

シートの凹凸の幅と厚み、表面に突起した繊維を増やすことで、髪の毛の捕集力も従来品より120%アップしているそうです。
131002-08-05 実際にワイパーを使い、初めて掃除をしたところ、シート表面にホコリや髪の毛がびっしり。

ふだん定期的に掃除機をかけていただけに、これはちょっと驚きました。

何と言っても手軽に使える点が魅力的

ホコリや髪の毛などを取る高い効果のほか、魅力的なのが手軽に使えることです。

忙しくて余裕がないと、掃除機の場合だとプラグをコンセントに差しこむことすら面倒に感じますが、「クイックルワイパー」なら壁などに立てかけ、思い立った時に掃除ができます。

ワイパーの持ち手の先には、本体を倒れにくくするためのゴム製キャップがついているので、色々な場所に立てかけることもできます。
131002-08-04 使い勝手もよく、フローリングの床のほか、畳や天井、網戸などの掃除も可能。

ヘッド部分はわずか3cmのすき間にも入るため、重いソファも、動かさずにその下を掃除できます。

子どもが寝ている時に、思う存分掃除ができる

131002-08-02

育児中の我が家が、さらに魅力的だと思ったのは、(当たり前ですが)使う時に音が出ないこと。

うちでは赤ちゃんを寝かしつけた、まさにそのタイミングで掃除をすることも多いのですが、「クイックルワイパー」には掃除機のような騒音はなし。

赤ちゃんを起こす心配なく、存分に掃除ができます。

そしてもうひとつ、我が家が気づいた「クイックルワイパー」の魅力があります。

それは小さな子どもでも簡単に扱えること。
131002-08-06 「クイックルワイパー」で掃除をしていたところ、4歳になる長男が「ボクもやりたい」と言って掃除を始めました。

それを褒めたところ、以後、自分からワイパーを手に持って掃除をするようになったのです。

131002-08-03

ホコリや髪の毛をしっかりキャッチ。どこにでも置けて、いつでも気軽に使える。騒音で寝ている赤ちゃんを起こすことなく、さらには子どものお手伝いにもピッタリな「クイックルワイパー」。

育児中のご家庭には、とくにオススメです!

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 17:53:24

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!