自宅で洗濯が難しくなるの?取扱い表示変更後の洗濯機事情

自宅で洗えるの?取扱い表示変更後の洗濯機事情

2016年12月1日から、衣類の「取扱い表示」が変わりました。今までは記号が22種類でしたが、国際規格に合わせて41種類になったのです。洗濯機やアイロンの使い方は変えなくてはいけないのでしょうか?パナソニック株式会社広報課の石井由美さんに、気になる5つの疑問点について聞きました。

洗濯機の使い方は変わる?

新しい取扱い表示に変わることで、洗濯機のコースの選び方や使い方を変えなくてはならないのでしょうか。

コースや使い方に変更はありません。当社が2016年9月以降に発売した機種は、取扱説明書に今までの取扱い表示と、新取扱い表示を併記しております。なかでもNA-VX9700は、おうちクリーニングコースなど、とくにご注意いただきたいコースについて液晶パネルなどでも表示するようにしてあります。それ以前の洗濯機の場合は、消費者庁のホームページなどにある新取扱い表示の説明をご確認いただき、洗えるか・乾燥できるかなどのご判断をいただくようお願いいたします」とのこと。

洗濯表示がこれまでと違う!どう判断すればいいの?

洗濯表示は今まで洗濯機のような四角いマークだったのが、新表示では洗い桶のようなマークに統一されます。

そして今までは「弱40」などと強さと温度が表記されていましたが、日本語の表記がなくなり、桶のマークの中に温度の表記だけになります。洗い方の強弱は桶の下の線で表示されます。1本の線が引いてあったら「弱い」、2本線は「非常に弱い」、線がない場合は通常の強さで洗えるという意味になるのです。ただ、これではパッと見でどのコースを選べばいいのかが分かりません。どう判断すればいいのでしょう?

「当社の洗濯機の場合、については、おまかせコースで洗濯していただけます。はおしゃれ着コースで洗えます。温度も確認してください」と石井さん。

どうやら、注意したほうがいいのは二本線がついている洗濯マーク。それ以外は標準コースで洗濯すればいいようです。ただし、手洗いマークは今まで通り、手洗いコースやドライコース、パナソニックの機種の場合は、「おうちクリーニングコース」で洗えます。

※洗濯機の機種により異なります。各洗濯機メーカーのホームページの取扱い説明書等をご確認ください。

新たに追加された処理記号はどう対応すればいい?

新表示では、「タンブル乾燥」や「ウエットクリーニング」を表すマークが追加されました。これについては、どう判断すればいいのでしょうか。石井さんに聞いてみました。

「タンブル乾燥とは、ドラム式洗濯乾燥機のヒートポンプ乾燥方式などの、比較的低温で乾燥させる方法のことです。タンブル乾燥のマークの中の点は温度を表し、があります。当社のドラム式の場合、点2つ(排気温度80度以下)と点1つ(排気温度60度以下)のどちらも対応できると考えております」とのこと。

ちなみに「ウエットクリーニング」とは、クリーニング店が特殊な技術で行うクリーニングです。

アイロンの使い方には変更がある?

洗濯後のアイロンがけも気になります。アイロンマークは、今まで「低」「中」「高」で表示されていたのが、アイロン記号内の点1つ=低、点2つ=中、点3つ=高になります。これについて、何か気をつけるべきことがあるのか石井さんに聞いてみると、
「当社のアイロンの場合、3つとも今までの低・中・高の目盛りで使用できます」とのことでした。

新取扱い表示は覚えるまで混乱しそう…。しかし、「洗濯ネット使用」「あて布使用」「飾り部分アイロン禁止」といった、記号だけで伝えきれないことは言葉で加えられる場合もあります。消費者庁のサイトにも新取扱い表示については記載されているので参考にしてはいかがでしょうか。

取材協力:パナソニック株式会社

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-27 23:42:27

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!