ノズルはどうするの? 温水洗浄器つき便座の掃除

ノズルはどうするの? 温水洗浄器つき便座の掃除

トイレ掃除は定期的にしているけれど、ノズルは掃除していませんでした。大掃除のタイミングで、すみずみまでピカピカにしたい。そこで、今回、ノズルや格納庫裏の掃除にライターが挑戦!爽やかなトイレを目指します。

まずは普段のお掃除を見直し!

掃除をする時は、まず、洗浄機の電源プラグはぬいておきましょう

そして、

①「トイレクイックル」で、さっと便座の表面を拭きます。

②次に便座ふたの表と裏、便座の内側や便器との便座との間を拭きます。

③しばらく開けたままにして、乾燥させましょう。

尿の飛び散りで思ったよりも汚れていたので、しっかり拭いておきました。汚れの軽いものから順番に拭くのがポイント。

汚れがつきにくい加工がされていますが、便器のふちの裏は汚れがたまりやすいので、特にしつこい汚れには、シュッとスプレーしてブラシでこするのが効果的。「トイレマジックリン 消臭洗浄スプレー」を吹きつけ、ブラシでこすりましょう。これで、トイレ空間の香りもさわやかに。

トイレマジックリンで便器にスプレーしている写真

ノズル洗浄機能を使ってノズルを出してお掃除

普段の掃除ではなかなかしない、ノズル掃除。

普段、ノズルを使うたび、使用後に水が出てノズルを自動洗浄してくれるので、放っていますが、数ヵ月に1回はきちんと掃除するのがいいそうです。

ノズルに掃除機能がついているものは、掃除をするとき、電源を入れ、ノズルを出します。

トイレノズルを握り拭いているシーン

①「トイレマジックリン」を含ませた布で拭き取ります。

②同じ部分を水拭きします。

③再度スイッチを押し、ノズルを収納したらOK。

ノズル格納庫の裏など、あまり気にかけない部分の尿の飛び散りやノズル・ビデ使用時の跳ね返り汚れも、この機会に丁寧に拭くと◎。いやなニオイの原因となる汚れを、しっかり拭き取ります。

年に1、2度は、手の届きにくいところもしっかりお掃除

温水洗浄器とふたの本体取付部の間はホコリがたまりやすいところなので、

①「トイレマジックリン」を吹き付けます。

②水拭きで仕上げます。

細かい部分は、綿棒か割り箸に布を巻いたもので掃除をしましょう。硬いもので無理にこすると、キズになるのでやめましょうね。

とくに、便座取付面やノズル口付近は、尿が入り込んで黄ばんだ汚れがつき、ニオイの原因になりやすいところ。掃除の時は、

①湿らせた柔らかい布に「トイレマジックリン」をつけて拭きます。

②最後は水拭きで仕上げます。

大掃除だし、ここまでやっておきたいですね。

温水洗浄器と便ふたの本体取付部の間はホコリがたまりやすいところなので、トイレマジックリンなどトイレ用洗剤を吹き付けるか、やわらかい布にスプレーして拭き、最後は水拭きで仕上げます。<br/>細かい部分は、綿棒か割り箸に布を巻いたもので行いましょう。硬いもので無理にこすると、キズになるのでやめましょうね。<br/>特に、便座取付面やノズル口付近は、小便が入り込んで黄ばんだ汚れがつき、ニオイの原因になりやすいところ。湿らせた柔らかい布に「トイレマジックリン」をつけて拭き、最後は水拭きで仕上げます。大掃除ならここまで、やっておきたいですね。便器の中や便座の裏、床は目につくので、こまめにお掃除していました。 けれども、想像以上に便座の取付部分やノズルの格納庫裏に尿の飛び散り汚れ、ニオイの原因が潜んでいたことが驚きでした。

今回、日頃のお掃除で拭き取りにくかった場所や、ノズル部分のしつこい汚れをオフできて、気持ちいい空間に変身しました。

なかなかケアの行き届かない箇所ですが、年末こそ、ぜひ、時間をかけて丁寧にトイレ掃除してみませんか。気持ちもスッキリして運も上昇するかも。

商品情報

便器・便座・タンクの他に、壁・フチ裏・床にも使えて、99%除菌*&消臭効果を発揮するトイレ用そうじシート

トイレクイックル

1本でトイレのおそうじも消臭もできるクリーナー

トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ミントの香り

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-24 04:00:08

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!