取扱い表示に従わないと服が傷む!?衣服の正しい洗い方

取扱い表示に従わないと服が壊れる!?衣服の正しい洗い方

2016年12月に変わる衣類の「取扱い表示」。実際には、どのような変化があるのでしょうか?ファッションブランドを展開している株式会社ワールドの阿部あゆ子さんに聞きながらまとめました。

新しい取扱い表示は何が変わるの?

衣服の「取扱い表示」が変わるということは、私たちが普段、洗濯の参考にしている服のタグが変わるということ。何が変わるのでしょうか?

いちばん大きく変わるのは、記号の種類です。

洗濯漂白乾燥アイロンクリーニングの5つの基本記号と、その強さと温度を示す不可記号で構成されます。強さに関しては上限表示になるため、洗濯には注意が必要です。

「今まではあまり洗濯表示を確認せずに、洗濯している方もいたのではと思いますが、これを機にどんな素材を使っているか、取り扱う上でどんな注意点があるのかなどを知っていただき、より洗濯表示に従ってお手入れをしていただくことをおすすめします」。

上限表示とは何を意味しているのでしょうか?

実は、今まで『取扱い表示』はこの洗い方をおすすめするという意味の表示になっていました。

12月からの『取扱い表示』は上限表示になります。

何の上限かというと、これよりも強い処理を行なうと、衣服や繊維がダメージをうける可能性があることを示しているのです。そのため、表示と同じか、それよりも弱い水流や低い温度などで洗濯をする必要があります。

マーク以上の強さで洗濯すると、衣服にダメージが出るということは大きな変化。衣服のキレイをキープするには、新しい取扱い表示をしっかり覚えておきたいですね。

タグは長くなるの?

海外ブランドの取扱い絵表示を見ると、1つの衣服に複数枚のタグがついていたり、長いタグがついたりしていますが、日本のブランドも同様のタグとなっていくのでしょうか?

「タグの大きさは、表示自体は多少増えますが、表示の大きさを調整したり、付記用語は以前からつけていたこともあり、大きくは変わりません。
大切な衣服のケアについての表示なので、改めて関心を持っていいただけるとうれしいです」。

タグはかさばるものが多いので、切ってしまう人が多いようですが、キレイに保つためには、そのままにするか、衣服をきれいに保つためには取っておく必要がありそうですね。

洗濯機マークとドライマークがない!どうしたらいいの?

改めて新しい「取扱い表示」を確認すると、今まで親しんで来た洗濯機マークとドライマークがありません。どうやって洗濯したらよいのでしょうか?

新しい取扱い表示では、洗濯機洗いも手洗いもの絵柄で表現しています。

ドライマークは、形が変わり、クリーニングのに含まれています。ドライマークは使用できる溶剤も詳しく表記するので、クリーニング店に相談するといいでしょう。

「また12月に全部の衣服の洗濯表示が変わるわけではなく、11月30日までに作られた衣服は、旧表示での販売が可能。なので、2017年春夏ごろの商品までは新旧の取扱い表示タグの衣服が混在します。

洗濯表示がわからないときは購入の際にスタッフに確認していただくといいでしょう。ホームページでは、2017年春夏ごろまでは旧表示の衣服も店頭に並ぶこともあり、取扱い表示と新しい洗濯表示の両方を掲載しますので、見比べていただけるとわかりやすいと思います」。

全商品一気に変わるわけではないようですが、今のうちから慣れておくのがベターですね。

「今回、『新しい取扱い表示』にするのは、国内外での表示を統一することによって利便性を高めることを目的としています。まずは、消費者庁のサイトを見ていただき、補足としてワールドのホームページもご確認いただくとよいと思います。

慣れるまである程度の期間は必要だと思いますが、長い目で見ればわかりやすくなるということですね」。

しばらくは、店頭に新・旧の表示が混在するようです。慣れないうちは、新しい洗濯表示でちょっと悩むこともあるかもしれませんが、購入の際に店員さんに確認できると安心。正しい洗濯法を知って、上手にお手入れしたいものですね。

取材協力:株式会社ワールド

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-29 00:58:39

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!