YOMEちゃんレシピを実践 子どもと楽しくバレンタインチョコが5分でできた!

1701_yomechoco_main

バレンタインのチョコ作りって楽しいですよね!でも、子どもと作ったらてんやわんや…失敗&キッチン大混乱のイメージが沸いて来ちゃいます。しかし、そんな心配無用の子どもと一緒に楽しく作れるチョコレートレシピがあるんです!簡単で、美味しい時短お菓子が得意な料理研究家・YOMEちゃんのレシピを子どもと一緒に作ってみました。

5分で完成、混ぜてレンジでチンするだけ!

お友達との間でチョコの話題も出ているのか、CMの影響か、「ねー、チョコいつ作る?」と聞いてくる娘。やるからには成功体験をさせたい。だけど、初めてだから安全で簡単にできるものがいいですよね。

チョコ作りは、まず湯煎して溶かして、新たに形をつくり、デコレーションして、と結構面倒。チョコの温度管理も難しい…。でも、YOMEちゃんレシピなら、ぜーんぶ混ぜてチンするだけ!というわけで、挑戦してみました。

工程は、チョコを粗く砕いたり、水切り不要のお豆腐をちぎったら、耐熱容器に入れて、そのまま混ぜ合わせ、あとはその容器ごとレンジに入れてチンするだけ。レンジから出すときは容器が熱くなっているので、ママが担当。あと材料の計量も難しいので、サポートしましたが、そのほかはほぼ娘が、ひとりでぐるぐる泡だて器を動かし、あっという間にできました。使う容器も耐熱容器1つだけ。洗いものが少ないのも嬉しいです。

とくに娘は、最後に粉糖を振るのが気に入ったようです。

1701_yomechoco_02

 

マスキングテープやリボンでかわいらしく!

出来上がったチョコをラッピングするのも工作みたいで楽しめます。娘と、どんなリボンやマスキングテープがいいか、お買い物から一緒に行って、好きなものを買いました。

こんな工程もとても大事なんです。子どもにどうしたいかを考えさせる機会を与えようというのがYOMEちゃん流。日頃から娘さんの好奇心を育てるために、大事にしていることなんだそう。

確かに。渡す形を想像しながら、何を買わないといけないか考えるので、想像力も鍛えられそうですよね!

1701_yomechoco_01

市販のシートやマスキングテープを使うだけの簡単包装でも、チョコの茶色とピンクや赤のラッピングがマッチして、見栄えもとてもかわいらしくなりました。

お友達には個包装で、パパには折り紙を入れた3つ入りの包装で、と作り分けました。

1701_yomechoco_03初めてのお菓子をパパに手渡して満足そうな娘。パパも喜んでくれました!

後片付けは大変、だけどコレがあればラクちん

ブラウニーができたら、次は後片付け。調理器具の使用は少ないのですが、泡だて器や茶こしなど、スポンジでは洗いにくいものばかり。でも、「キュキュット CLEAR 泡スプレー」なら、スポンジが届かない部分の汚れもシュシュッとスプレーして、少し置いて流すだけでキレイに。後片づけは、デコレーションも入れて、約15分程度で終了です。

1701_yomechoco_04

普段は、子どもがチョコを食べるのはまだ早い、とできるだけ食べさせないようにしているのですが、このお豆腐入りのブラウニーなら、たまにはいいかなと思えるヘルシーさが魅力。使うチョコも大人にはビター、子どもにはミルクなど、味のバリエーションが変えられるのもいいですね。

自分が子どもの頃はチョコ作りで、父の歯が欠けるほど硬くなったり、ツヤがなくて美味しくなさそうだったり、と失敗だらけの思い出が。

でも、今回のYOMEちゃんレシピなら、簡単なのに、本格的な味わいに仕上がり。失敗しらずです。

「また作りたい!」という子どもの好奇心にも火をつけられました。キッチンがめちゃくちゃになることもなく、親の出番が少ないのも◎。今年のバレンタインに子どもと一緒に試してみてはいかがでしょうか。

●調理時間たったの5分!YOMEちゃん直伝!子どもと一緒バレンタインブラウニー

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-20 05:42:51

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!