調理時間たったの5分!YOMEちゃん直伝!子どもと一緒にバレンタインブラウニー

調理時間たったの5分!YOMEちゃん直伝!子どもと一緒バレンタインブラウニー

新年を迎えたと思ったら、バレンタインはすぐそこ。今年のバレンタインは、手作りデビューさせてみようかな、と思ってはいるものの、子どものやりたい気持ちと親のサポートが空回りして、イライラしてしまいそう…。そんな親子にこそおすすめしたいのが、子どもと一緒に作れる簡単バレンタイン向け“5分ブラウニー”。人気料理研究家の、YOMEちゃんに教えてもらいました。

電子レンジで簡単ヘルシー!5分お豆腐ブラウニー

材料

チョコレート…100g
絹ごし豆腐…1/3丁(100g)
卵黄…1個
牛乳…大さじ2
バター…20g
薄力粉…20g

ドライクランベリー…50g
粉糖…適量

作り方

1.チョコレートは粗く砕いておく(板チョコ2枚だと簡単)。ドライクランベリーは熱湯をまわしかけ、しっかり水気をきっておく。

161213_yome_02

2.耐熱容器に砕いたチョコレートとバターをあわせて、ふんわりラップをして電子レンジ(600W)に30秒かけてチョコとバターを溶かす。

161213_yome_03

3.2に豆腐をちぎって加え、なめらかになるまで泡だて器でよく混ぜる。卵黄・薄力粉・牛乳・1のクランベリーを加え、そのまま泡だて器で優しく混ぜる。

161213_yome_04

4.表面を平らにならし、ふんわりラップをして電子レンジ(600W)に3分かけて、容器に入れたまま触れる温度くらいまで冷ます。

161213_yome_05

5.耐熱容器から出し、9等分に切り分けて、茶こしで粉糖をふる。

161213_yome_06

6.OPPシートでブラウニーを1つずつキャラメル包みにして、リボンとマスキングテープを飾る。

161213_yome_07

作り始めたら、たった5分でできちゃうので、作っている途中に飽きる時間すらありません。1〜6の全部の工程が子どもでもできちゃいますが、包丁で切るところはママが手伝ってあげてもいいし、クッキー型や野菜型で型抜きすれば、小さなお子さんでも楽しく、安心して作れます。チョコを溶かすのって、湯煎したり火を使ったりしてやけどが心配ですが、レンジだと簡単です。レンジから出すのは大人が担当しましょう。

これなら、大人が脇でしっかり見ていれば、あとは子どもに任せても大丈夫。高学年のお子さんなら、一人でできちゃうくらい簡単かも。

後片付けまで楽しくやる3つのコツ

後片付けは「ママよろしく!」なんて言われないために、YOMEちゃんがコツを教えてくれました。

1 楽しい会話ととにかく褒める!

「楽しかった」「おいしかった」という思いがあれば、子どもは次も「また何か作りたい」と思うはず。作っているときはもちろん、後片付けのときも楽しい会話と褒めることで気分を盛り上げて。誰かを思って何かを作る、という気持ちをはぐくむことができるいい機会になるのでは。

2 ストレスフリーな食器洗いなら子どもも楽しい!?

「キュキュットCLEAR泡スプレー」なら、使用した細かな調理器具だってシュシュッとスプレーして、放置、あとは流すだけ。だから子どもにも簡単に後片付けができます。茶こしも泡だて器もささっとキレイに。楽しくストレスフリーならお片付けも楽しめるかも。

161213_yome_08

3 しっかり分担、やれるところだけ無理なく

たとえば、ママが食器洗いをしている間に、その脇では子どもに食器拭きをしてもらうなど、分担を決めてやれるところだけを無理なくできます。一度にいろいろさせると子どもも大変。一緒に後片付けをすることで、使った道具を大事にしまうことも学べます。

そのあとはのんびり、お茶タイムです。

去年までのバレンタインは、「まだ早いな…」と娘と手作りチョコは作らなかったので、もらえなかったパパも残念がっていました。最近は、お料理にも興味が出てきたし、今年こそは、YOMEちゃん技&レシピで、パパにもお兄ちゃんにもじいじにも、プレゼントしたいと思います。

 

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-29 11:04:10

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!