【コラム】家電や家事グッズの力でちょっとした手間を減らしていこう

babailla_1701_1

 毎日どんなに疲れていてもやらなくてはいけない家事ってありますよね。我が家の場合ですと、たとえば洗濯。息子たちは小学生と中学生なので汚れ物も多く、1日洗濯しないと、洗濯物が山のようになってしまいます。

 子どもたちが幼少期の頃は、食事やおむつ替えなどで頻繁に汚れ、着替えを何度もするので1日何回も洗濯機をまわすのはもちろんのこと、夜中にもシーツ類を汚すことがあり、寒空の中、洗濯物を干してへろへろだったことを思い出します。

 また、料理や食器洗い、お風呂掃除なども毎日欠かせない家事かと思います。そして、お子さんが小さいと、ハウスダストアレルギーなどの関係で毎日の掃除が欠かせない方もたくさんいるのではないでしょうか。

 私は仕事が多忙の時期に家事の負担が多くなると、心に余裕がなくなって子どものちょっとした失敗を普段以上にきつく叱ってしまったり、夫への態度もとげとげしくなって自己嫌悪に陥ったことが何度もありました。

 あなたが家事の負担を軽くして心に余裕を持つことは自分だけでなく、家族のためにも大事なことです。

 そこでオススメしたいのは、毎日欠かせない家事の些細な手間をちょっとした工夫で減らしていくことです。

 たとえば私の場合、食洗機の導入を検討した際、夫に「汚れは手でないと取れないし、食器洗いなんてそんなに時間がかからないだろう」と、大反対されたのですが、かなり強引に導入した結果、導入前の仕事から疲れて帰ってきて、朝の分の食器洗いから家事をはじめるどんよりした気分から解放されましたし、夕食後の負担が明らかに減って時間を有効に使えるようになりました。また、反対していた夫も実際使いはじめてみると、食器の汚れ落ちの良さと乾燥機能の便利さに、導入前の生活には戻れないと言っています。ぜひ、こういった便利な家電の導入をおすすめします。

 また、洗濯も最近は、すすぎが1回ですむ高性能な洗剤もあり、そういった商品を積極的に使っていくと時間の短縮になります。本当にちょっとしたことですが、疲れているときは助かったりするのです。

 そして、掃除についても、使い捨ての掃除シートやハンディモップを使うことにより、わざわざぞうきんを絞って洗っていた手間がなくなりました。除菌の効果があるものであれば、ぞうきんより衛生的でもあります。しかも、負担が少なくなったと感じるようになったためか、気がついたら以前よりこまめに掃除するようにもなりました

 今、スーパーの洗剤・掃除用具売り場では、最新の技術で手間が省ける進化した商品がたくさん出ていて、眺めているととてもおもしろいです。 値段だけを気にするのではなく、時間を大切にできる商品はどれかと思いながら選んでいくのもオススメですよ。

baba_illa_1701_2

 

○馬場じむこ プロフィール○

短大卒業後、一般事務・専業主婦を経て、長男が1歳の時に建材メーカーに再就職し、総務・労務も担当する経理主任として8年勤務。現在は自宅近くの企業で経理事務として勤務の傍らコラムを執筆。夫、中1男子、小1男子と暮らす。著書『仕事も子育ても自分もうまくいく!「働くママ」の時間術』(日本実業出版社)

家電のメンテも心がけよう

イラスト:ひのあけみ

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-05-28 06:09:19

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!