ママと子どもの絆を深める“抱っこ”のススメ

dakko_01_large

親子の絆を深めてくれるのが“抱っこ”。のべ4万人のママの心と体のケアに携わってきたバースセラピストの志村季世恵さんに、赤ちゃんにとっての抱っこの効能やラクな抱っこひもの選び方について聞きました。

赤ちゃんが一番安心するのは、肌と肌が触れ合う”抱っこ”

「体調が良くない」「慣れない環境で不安」「転んで痛い思いをした」とき、赤ちゃんは抱っこで気持ちが落ち着きます。ママにとっても、母親であることを自覚でき、心が満たされるひとときです。 だからこそ、志村さんは「時間があれば抱っこをして欲しい」と伝えますが、同時に、育児をがんばり過ぎないことも大切だと話します。

interview_01

「最近『いいママにならなければ』と肩に力が入り過ぎているママが多いように思います。赤ちゃんが泣くたびに、やらなきゃいけないことを中断して抱っこをすると、ママも次第にイライラしてしまうし、赤ちゃんにもそれが伝わってしまうんですね。ときには『ちょっと待っててね』があってもいいと思うんです。そのあとは、『待っててくれてえらかったね』と、おもいきり褒めて抱きしめてあげてください」。

周りの大人に“抱っこ”を手伝ってもらおう

志村さんは「パパやおじいちゃん、おばあちゃんなど、ときにはご近所さんに抱っこをしてもらうのもおすすめ」と言います。赤ちゃんのうちから、ママ以外の抱っこや、顔、声かけを肌で感じていると、物怖じせず、人見知りをしない子どもに育つ効果もあるのだそう。「抱っこの仕方も人それぞれ。個性があります。周りの大人に抱っこしてもらうことで、さまざまな価値観の違いを受け入れ、多様性のある人間になるための一番の幼児教育になります。ママも育児をひとりで抱え込まず、周囲の手をどんどん借りましょう」。

また、抱っこはママの顔が見える安心感がありますが、おんぶにも良さがあるそう。 「赤ちゃんはおんぶをされながら、ママと同じ目線で見ることができるんです。それぞれに良さがあるので、状況に合わせてママの体に負担がない方法を見つけてください」。

抱っこひもは体に負担が少なく、手軽に洗える素材を

「抱っこひもも子育ての負担を減らしてくれるツールのひとつ」と言う志村さん。 「ママの肩や腰に負担がかからないよう、体に当たる部分の布の幅が広く、左右均等に重さが分散されるものがおすすめ」だそう。そして、手軽に洗える素材を選ぶことも大事です。

dakko_02

「赤ちゃんが吐いたお乳やミルク、よだれで抱っこ紐にシミがついてしまうことも。さらに、目には見えなくても赤ちゃんとママの汗もしみ込んでいるので、お洗濯のしやすいものを選ぶといいですね。初夏から夏にかけては、赤ちゃんもママもお互いにすごく汗をかきます。汗で抱っこひもが黄ばむこともあるので、赤ちゃんの背中と肌着の間に1枚ガーゼを挟んでおくと、汗を吸い取ってくれるのでおすすめです」 。衛生面を考えると、抗菌成分配合の洗濯用洗剤を使うのも良いですね。

dakko_01

また、洗濯をする際には、一度に洗濯機に入れる洗濯物の量を守ることも大切だと志村さん。 「赤ちゃんがいると洗濯物が増えますし、ママも忙しいので洗濯物をためてから洗う人も多いと思いますが、汚れ落ちの低下や、衣類への洗剤残りを防ぐためにも、洗濯物を詰め込み過ぎないことも大切だと思います」。

取材協力:志村季世恵さん

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-27 23:51:50

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!