【コラム】カビがかわいそう

yasunori_625_2

上の子は5歳の男の子なのですが、暴力的なシーンを含む番組を一切受け付けず、戦隊モノやロボットアニメもダメで、ようやく見られるようになったのがアンパンマン。ばいきんまんの「いたずら」程度ならば直視できるようになりました。これはすごい進歩。
ちなみに「いたずら」という表現は、アニメ・アンパンマンにおいて、ばいきんまんの悪事のことを指しています。アンパンマンは大抵「ばいきんまん! いたずらはやめるんだ!」というお決まりのセリフとともにやってくるのですが、そのときばいきんまんがやっていることといえば吊橋を切って落とすことであったり上空から街を爆撃したりすることであるので、いたずらとは何だっけ? と思うのですが、あの世界ではそういうのも含めていたずらと呼ぶようです。

それはいいんですけど、私思うに、アンパンマンは、昔の作品に結構名作が多いように思います。1998年に放送された「ばいきんまんとかびるんるん」もその一つです。
かびるんるんとは、ばいきんまんの手下であり、カビです。個々の戦闘力は大したことないのですが、アンパンマンをカビさせることができるため、対アンパンマンにおいて、ばいきんまんを上回る活躍をします。ちなみにかびるんるんはカレーパンマンのカレー攻撃に弱いという設定があり、アンパンマンの穴をカレーパンマンがカバーすることが多いのですが、これはあまり納得がいかない。カレーってよくカビるじゃないか。何でカレー攻撃に弱いんだろう。カプサイシン的な発想でしょうか。

で、そう、「ばいきんまんとかびるんるん」の話。あらすじとしては、ばいきんまんと喧嘩をしたかびるんるんが、家出をするんですね。しかし行くあても無く、公園で集団路上生活を始める、というけっこう重い話なんですよ。悪いことに公園は日当たりが良く(本当はすごくいいこと!)、かびるんるんたちはだんだん弱っていきます。このときのアンパンマンの悲しそうな顔は必見ですので、ぜひご覧いただければと思うのですが、それを見た息子が「かびるんるん、かわいそうだねえ」と。

息子がほかのものに対して自発的に「かわいそうだねえ」と言ったのは、おそらくこれが初めてなのです。他者に関心を持ち、意図を汲もうとする。これは息子の成長であり、伸ばしてあげなければいけない感情です。

しかし、ふつうの大人はカビに感情移入できない。
親元を離れてから、こちとら、カビとの戦いなんですよね。あいつらまじで、風呂場の隅、エアコンの中、カレーの中、味噌汁の中、あっここに居てほしくないな、というところにピンポイントで根を張り、居座る。公園で天日干しになる彼らを見て、そうそうそう、日光は効くよねえ、など思っていたのでした。
だからといって子供の心をポキリと折るわけにもいきませんので、親として「ああ、そうだね、かわいそうだね、アレだな、公園もっとじめじめすればいいのにな!」みたいな心にもないことを言っておいたわけです。

そうしているうちに夕方。
日課であるところの風呂掃除をしていますと、息子が「お父さん何してるの?」と。
「今ねえ、カビ取り剤でカビを取って……」
「取っちゃうの?」
「ん? そうですけど?」
「カビ、取っちゃうの?」

息子、カビ側に立つ。

何その、「子犬、捨てちゃうの?」みたいな言い方。
これ、教育の定石としては、親が思いとどまって捨てないパターンのやつですよね。例えば虫とかなら「じゃあ、飼うか〜。その代わり、しっかり餌をやるんだぞ」とかなって、命の大切さみたいなのを学ばせる良い機会だったりするやつじゃないですか。でもカビかあ。カビな〜。

ここでいわゆる賢父と呼ばれる人たちは、シャーレみたいなのを買ってきて、色とりどりのカビを育てるのだろうか。シャーレは、Amazonで買えるのだろうか。あわせ買い対象であった場合、ついでに何か買うものはあるだろうか。成長ノートとかつけちゃうだろうからノートを一緒に買ったらどうだろうか。そのうち、おいしいチーズが出来るまでにカビを手なずけてしまうのだろうか。破傷風? 問題ない、青カビからペニシリンを精製する、とか言って、抗生物質が手に入らない農村の患者の命を救うのだろうか。

とか考えているうちに、息子はもう居なくて、なんか電車の図鑑を見ながらニヤニヤしていたので、私も、カビ取りを再開したのでした。

yasunori_420_2

 

 
○ヤスノリ プロフィール○
1997年からWebサイトを運営しているインターネットの化石です。5歳の息子と、2歳の娘が居ます。普段は、おいしいカレーはなんでおいしいのかな、とか、そういうことを考えています。
 
写真:ヤスノリ

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-29 11:11:50

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!