そのままではダメ!ゴキブリ駆除後、家を衛生的に保つ除菌掃除

GettyImages-177775050

しっかり予防掃除しているつもりでも、ゴキブリが侵入してしまうことも!ゴキブリの死骸の駆除を行った後は、どうケアしたら良いでしょうか?長年ゴキブリの生態を研究し、さまざまな駆除剤を開発している「アース製薬」マーケティング総合戦略本部ブランドマネージャーの渡辺優一さんにアドバイスをいただき、実践してみました。

死骸が他のゴキブリのエサになったり、卵を産んだりするので始末する

ゴキブリは、1~2mmの隙間があれば、私たちの家に侵入してくるため、予防掃除を心がけていても遭遇してしまうことも。そうなったら駆除するしかないですね。駆除をした後には、どのようなことを心がけたらよいでしょうか?

ゴキブリの死骸は、卵を持っていることもあります。また他のゴキブリのエサになってしまう可能性があるので、死骸を放置するのはNG。ゴキブリの死骸はビニール袋などに入れ、しっかり口を縛り、早めにゴミ収集に出しましょう」。

ゴキブリは死ぬ間際に卵を産むことも。その卵は茶色い殻に覆われていますが、中には25〜30匹のゴキブリが入っています。だから、死骸をしっかり処理することが重要です。

駆除したら、しっかり除菌掃除

排水口などを通ってくるゴキブリですから、さすがに通った場所を汚しているのではと不安になってしまいます。実際にはどうなんでしょうか?

渡辺さんによると「ゴキブリは油膜で覆われているので、自身は病気にならないものの、さまざまな菌やウイルスを身にまとって、部屋中を徘徊し通り道にまき散らしていることもあります」。

生きている間に通った道にも菌やウイルスは付いています。駆除後に周辺を除菌しないと、アレルギーの原因になることもあるそう。

だからこそゴキブリを駆除・処理した後は、駆除した場所はもちろん、徘徊したと思われる周辺の床もしっかり掃除・除菌することが大切。まずは「かんたんマイペット」で拭き掃除をしましょう。

kujo_PH2また「クイックルワイパー」と「立体吸着ウエットシート」を使えば、拭くだけで除菌もできるので、安心ですね。kujo_PH1

ゴキブリを駆除した後、放置せずにしっかり除菌掃除することが大切だと気づかされました。わが家でも続けたい習慣です。

写真:Getty Images

取材協力:アース製薬

潜伏菌_bnr_576_126-1

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-05-24 09:25:27

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!