浴槽や風呂釜を傷めるってホント? 入浴剤を使うときに気をつけたいポイント

125726061

だんだんと秋も深まり、お風呂の恋しい季節になってきました。

お気に入りの入浴剤を入れてのんびり入るお風呂は、至福のひとときですよね。

でも、ものによっては風呂釜や浴槽を傷める可能性がある、という話も…。

安心して入浴剤を使用するためにも、この機会に正しい知識を身につけておきましょう。

浴槽は、用法用量を守り、イオウに注意

市販の入浴剤の大部分は浴槽に影響を与えることはありませんが、イオウ配合の入浴剤は金属を腐食させる恐れがあります。

また、強化プラスチック(FRP)の一部や大理石の浴槽では、一度に多量の入浴剤を使用すると浴槽表面の光沢を失ってしまう場合もありますので、商品の注意書きをよく読み、使用法を守ることが大切です。

濁るタイプの入浴剤を使用後に残り湯を放置すると、浴槽が白くなることがありますが、すすげばきれいになります。

ただ、木製の浴槽では、白い汚れが付着して取りにくい場合があるので、使用は避けたほうがよいでしょう。

風呂釜は、内部までしっかり洗う

浴槽の湯を沸かす方式には、浴槽を下から直接加熱する方式、沸かした湯を蛇口から浴槽へ入れる給湯式、浴槽と風呂釜をパイプでつないで湯を循環させる循環式(自然循環方式と強制循環方式にわかれる)などがあります。

大部分の入浴剤は風呂釜を傷めたり傷つけたりすることはありませんが、イオウ配合の入浴剤は循環式の風呂釜やパイプを腐食させる恐れがありますので注意が必要。

また、強制循環方式には循環途中にフィルターがセットされていますが、毛髪や汚れなどにより目づまりを生じ、湯の循環量が少ないために炎が消えてしまうことがまれにありますので、充分に水洗いをしましょう。

濁るタイプの入浴剤は、風呂釜内部の湯垢などに濁り成分が一部付着して、循環孔から浴槽内へ出てくることがありますので、風呂釜内部や循環孔のフィルターをホースなどを使ってよく水洗いすることをおすすめします。

 

参考サイト:日本浴用剤工業会 http://www.jbia.org/safety3.html

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:09:16

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!