冬の必需品!ダウンジャケットを家庭で手洗いしよう

160423118

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

肌寒い日が続いたので、ダウンジャケットを引っ張り出してしまいました。

本格的なダウンのシーズンはもう少し先ですが、昨シーズン、お洗濯しないまましまい込んでいたことを思い出し、早速お洗濯開始~。

そうなんです!ダウンジャケットって、家庭で洗濯できるんですよ。

それでは詳しい洗い方を見ていきましょう。

洗濯表示のチェックの仕方

まず、タグの絵表示をチェック。

sentakukitearai (新表示の場合は)があれば水洗いができます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

洗い方は押し洗い&部分洗い

おしゃれ着用洗剤エマールを用意。

衿やそで口などの汚れがひどい部分には、水を少し含ませたスポンジに、エマールの原液をつけて軽くたたき、部分洗いをします。

ダウンジャケットは大きくてかさばるので、洗濯機の洗濯槽を洗いおけ代わりに使用すると便利。

その他、浴槽や深めの洗面台などでもOKです。

  • 洗濯槽に水を張り、エマールを溶かす(お風呂の残り湯は使わず、30℃以下の水道水を使用)
  • ジャケットをつけて、手で押し洗いする。
  • 洗濯機で30秒ほど脱水し、水を変えて2回すすぐ。すすぎも押し洗いの要領で。
  • もう一度水をはり、柔軟仕上げ剤を溶かし、約3分間つけ30秒ほど脱水する。

水を含んだダウンジャケットは非常に重くなるので、長時間脱水すると、洗濯機・ダウンジャケット共に傷んでしまう可能性がありますので、脱水は30秒程度に留めましょう。

「洗い」や「すすぎ」の際は、絶対に洗濯槽を回転させないでください。

干し方

  • 厚みのあるハンガーにかけ(平干しも可)、陰干しします。洗濯したては羽毛が団子状になっていますが、このときは無理にほぐさず、ある程度乾いてから手でほぐします。
  • 中の羽毛は乾きにくいので、表面が乾いた後も2、3日室内干しを続けます。
  • 完全に乾いたら、両手でジャケットをはさみ、たたきながら羽毛を均一にととのえます。ジャケットを軽くふりさばいて空気を入れるようにすると、ふわっとします。
  • 仕上げに換気の良い場所で防水スプレーをかけておくと、水や汚れが防げます。

ふんわり清潔なダウンで、気持ちの良い冬を過ごしたいですね。

商品情報

洗濯ダメージを防いで洗うおしゃれ着用洗剤

エマール

水分・汗&動きで新鮮な香りさらにわき立つ柔軟仕上げ剤

フレア フレグランス

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:43:50

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!