フワフワの毛並みを維持しよう!ファーアイテムのお手入れ方法

101797092

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

この冬のトレンドアイテムにもなっているファー。ファー特有のフワフワした素材感ってとっても気持ちがいいですよね。でも、ファーって洗濯できるの?汚れちゃったらどうすればいいの?という疑問をお持ちの方も多いのでは?

そこで、リアルファー、フェイクファーそれぞれのお手入れ方法をご紹介したいと思います。

リアルファーのお手入れ方法

リアルファーは水洗いできませんので、日頃からしっかりお手入れをして、なるべく汚れないようにしておくことがポイントです。

着用後は毛並みに沿ってブラッシングし、えりや袖などの汚れやすい部分は、乾いたガーゼなどで毛並みに沿ってふきます。雨や雪などで濡れてしまったら、タオルで水分をしっかり取り除き、陰干しします。

汗や皮脂汚れ、ニオイが気になるときは、おしゃれ着用洗剤エマールを使ってプチクリーニングをします。
タオルをエマールのうすめ液(水5Lにエマール12mlが目安)につけ、かたくしぼってからそっとふき、逆方向からもふきます。

キレイな水で同様に清めぶきし、風通しの良い場所で陰干ししましょう。

あくまでも簡易クリーニングなので、汚れが目立つときは専門のクリーニング業者に依頼しましょう。

フェイクファーのお手入れ方法

日頃のお手入れは、リアルファーとほぼ同様です。

濡れてしまったら、タオルで水分を取り除いて陰干しし、乾いたら毛並みの方向にブラッシングしながら、低温で軽くドライヤーをかけると毛がフワっとします。

汚れてしまった場合は、タグの絵表示をチェックし、sentakuki「洗濯機マーク」(新表示は)やtearai「手洗いマーク」(新表示は)があれば水洗いできます。

ネットにいれ、ドライコースや手洗いコースを選び、おしゃれ着用洗剤エマールで洗います。仕上げに柔軟仕上げ剤を使うと、手触りよくしあがり、静電気も防止できます。

お風呂の残り湯は使わず、30℃以下の水道水を使いましょう。

脱水後に陰干しし、乾いたら低温の熱でドライヤーを軽くあて、毛先をブラッシングして整えてください。

せっかくのおしゃれアイテムだからこそ、長く使っていきたいもの。間違ったお手入れをしないように、正しい方法をチェックしておきましょう。

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 17:56:08

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!