ホコリや皮脂で汚れがちな、ウールの帽子のお手入れ方法

104643212_2

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

これからのシーズンに大活躍するウールの帽子。防寒対策はもちろん、オシャレ小物として、はたまた寝癖隠しにと、便利に使えるアイテムですよね。

一見キレイに見える帽子も、ホコリや頭皮の脂などで、意外と汚れているモノが多いそうですよ。特に女性の場合、ファンデーションの汚れもついてしまいがち。

ウールの帽子の出番が多くなってきたら、定期的に家庭でしっかりお手入れしておきましょう。

取扱い絵表示をチェック

タグに、sentakukitearai (新表示では)があれば、水洗いできます。

ウールは熱やアルカリに弱く縮んでしまうので、必ず30℃以下の水で、エマールなどのおしゃれ着用中性洗剤を使用してください。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

下準備

目立つ汚れやシミなどがあったら、エマールの原液をつけてなじませます。

帽子は特に内側のフチ部分に汚れがつきやすいので、しっかりチェックしておきましょう。

洗い方

30℃以下の水2Lに、エマール5mLを溶かし入れ、中に帽子をひたして、やさしく20~30回押し洗いします。

15~30秒ほど洗濯機で脱水したあと、水をかえて2回すすぎます。すすぐときも押し洗いの要領で。

すすぎが終わったら水をはり、柔軟剤を標準使用量入れ、3分間ひたしてから15~30秒脱水します。静電気を防ぎ、ふんわり仕上がりますよ。

干し方

形を整えて陰干しします。

中にタオルをつめたり、帽子と同じ大きさのボールやザルなどにかぶせて干すと、型崩れが防げます。

シーズン中はもちろん、使用前やシーズンが終わった後もこのように洗えば、ふんわり仕上がり、長く気持ちよく使うことができますよ。

商品情報

縮みや型崩れを防ぐ、おしゃれ着用洗剤

エマール

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 11:59:15

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!