長く着るための、レザーやスエード、フェイクレザーのお手入れ方法

92256203

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

防寒性が高く、冬でも大活躍のレザー。

一般的に家庭でのお手入れが難しい素材だと思われがちですが、ちゃんとした方法を知っていれば、おうちでもできるお手入れがあるんですよ。

長く着られるように、しっかりお手入れの方法をチェックしておきましょう。

使用する洗剤

  • 「エマール」などのおしゃれ着用洗剤
  • 「フレアフレグランス」などの柔軟剤

知っておこう!レザーの種類

レザーと言っても、大きくレザー(表革)、スエード(裏革)、フェイクレザーの3種類に分かれます。

間違ったお手入れ方法をしてしまうと、縮み、色落ち、変形などトラブルが発生。長く着るために、まずレザーの種類ごとのお手入れ方法を知っておきましょう。

レザー(表革)のお手入れ方法

レザー(表革)の場合は、こまめなケアが長く着るコツ。着用の度に、乾いた柔らかい布で拭きましょう。

汚れが気になるえり元・そで口・すそは、特にこまめに拭いておきます。

汚れが目立ってきたら…

水に弱い革ですが、表面加工してあれば中性洗剤でお手入れをすることができます。

エマールなどの中性洗剤を手洗い用の濃度(水4Lにエマール10ml)に薄めて、やわらかい布を浸し固く絞ってふきます。

その後、きれいな水を含ませてからしぼった布で何度も拭き、表面に洗剤が残らないようにしておきます。

最後に、カビが生えないよう乾いたやわらかい布で水分をとったら陰干しをしましょう。

水をはじかない革は表面加工されていないので、専門のクリーニング店へ!見えない部分をあらかじめこすって、色落ちしないか確かめておきましょう。乾いた後、ミンクオイルを布にしみ込ませてからぶきすればツヤが戻ります。

スエード(裏革)のお手入れ方法

スエードは、裏革を起毛させたもの。着用後のブラッシングとクリーナーでのお手入れが、長くキレイに着るコツです。

軽い汚れなら、消しゴムタイプの専用クリーナーを使ってやさしくお手入れ。

コーヒーやジュースなど水溶性の汚れには、泡タイプの専用クリーナーで。ただし、泡タイプのクリーナーを使用するときは、最初に目立たないところでシミにならないかチェックしておきましょう。

スエードに、水の使用は絶対にNG!

フェイクレザーのお手入れ方法

手頃な価格で人気のフェイクレザーは、コーティングされた樹脂の材質ごとにお手入れ方法が異なるので、絵表示を必ずチェック。

軽い汚れなら、水につけて固く絞ったタオルでふいて陰干しすれば大丈夫です。

汚れが目立つときは…

tearai (新表示は)がついているときは、裏返してネットに入れ、「手洗い(ソフト)コース」または「ドライコース」で洗います。

お風呂の残り湯を使うのはやめましょう(30℃以下の水道水を使用)

 

20秒ほど脱水をかけ、柔軟剤を使うと風合いよく仕上がります。

風通しのよい日陰で、裏返しのままつり干しします。

tearai_ng(新表示は) がついていたら、家庭での洗濯ができません。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

その他、皮革のトラブルに

雨に濡れてしまったら…

水気を切って、清潔なタオルで水分を拭き取り陰干し。

中までひどく濡れた時は、専門のクリーニング店にお願いしましょう。

目立たないところに水滴をたらして、しみ込むものは、表面加工されていないので、雨の日の着用を避けましょうね。

カビが生えてしまったら…

水で濡らし固く絞ったタオルで拭き取った後、乾いたタオルで拭きます。陰干しをして、水分を取ってから使用しましょう。

皮革は暖かく丈夫で着心地がいい反面、水や熱に弱く、色落ちや汚れも気になるデリケートな素材。正しいお手入れマニュアルで、冬をおしゃれに楽しく過ごしましょう!

商品情報

トリートメント成分配合で、ダメージを防ぎながら洗濯できる

エマール

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:03:35

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!