もう迷わない。「塩素系」「酸素系」漂白剤の上手な使い分け

hyouhaku

お気に入りの衣類にシミがついてしまった! そんなとき、どの漂白剤を使ったらいいか迷ったことはありませんか? それぞれの特徴をチェックし、衣類の表示を確かめて使い分けましょう。

色柄物の洗濯やシミぬきなど、幅広く使える、酸素系漂白剤

お気に入りの柄パンツに食べこぼしのシミが……そんな場合にオススメなのが、酸素系漂白剤です。

染料を脱色することがないので、白物はもちろん色柄物でもオッケー。綿、麻、化学繊維、毛、絹などの素材に使えます(粉末タイプは弱アルカリ性であり、動物性繊維生地に影響を与える場合があるため毛、絹には使えません)。

基本的に洗濯用洗剤と一緒に洗濯機に入れて洗います

シミがひどいときには

シミがひどい場合は、漂白剤を歯ブラシなどにつけ、シミの部分を裏から軽くたたきながら、下に敷いたタオルに汚れを吸い取らせるか、漂白剤のうすめ液につけ置きしてから洗濯してもいいでしょう。

漂白力が強い塩素系漂白剤は、白物をきれいにするのにぴったり

白いTシャツにケチャップのシミをつけてしまった……そんな場合には塩素系漂白剤を使いましょう。

漂白力が強く、染料まで脱色してしまうことがあるので色柄物には使えません。適した素材は綿、麻、ポリエステル、アクリル。強いアルカリ性なので、毛・絹や、窒素を含んだナイロン、ポリウレタンの生地には使えません。 洗濯用洗剤と一緒に洗濯機に入れて洗うか、漂白剤のうすめ液につけ置きしてから洗濯してもいいでしょう。

白物衣料でも使えないものがあるので、裏能書を確認しましょう。

塩素系漂白剤は、酸性タイプの製品といっしょに使う(混ぜる)と、有害な塩素ガスが発生して危険です。粘膜や呼吸器系の刺激症状を引き起こしたり、重症になると気管支けいれん、肺炎などになったりすることも。取り扱いには注意しましょう。

「塩素系」「酸素系」の使い分けポイント

  • 色柄物をきれいにしたいときは、酸素系漂白剤がおすすめ
  • 塩素系漂白剤なら、白物のガンコなシミにも対応

 

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:06:51

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!