アイロンの「ドライ」と「スチーム」の上手な使い分けポイント

iron

 

アイロンをかけてもいまひとつシワが伸びない、風合いを損ねてしまった、なんて経験はありませんか?
そこで意外と知らないドライとスチームの使い分けをご紹介します。

高温の熱と力で衣類のシワを伸ばす、ドライアイロン

綿や麻の服のシワを伸ばしたいときなどには、霧吹き等で衣類を十分に湿らせてからドライアイロンを。高温の熱と力で衣類のシワを伸ばします。

またスムーザーを使うと滑りがよくなり、細かいシワまで一気にラクに取れて、戻りジワの心配もないのでオススメです。

ドライアイロンが適しているのは以下の場合です。

綿、麻素材のシワを取りたいとき

シワを伸ばすためには十分な水分が必要なため、霧吹きやスムーザーで湿らせてから、力を加えることで、早くきれいに仕上がります。

絹などの薄物に生乾きでかけるとき

水分をかけることでシミになってしまうことがあるので、そのまま当て布をしてかけます。

ポリエステルなどの合成繊維にかけるとき

合成繊維は水分による効果はないため、そのままドライでかけます。

大量の蒸気でシワを伸ばすスチームアイロン

セーターやプリーツスカートなどをきれいに仕上げたいなら、スチームアイロンを。蒸気の力で、短時間でシワを伸ばすことができ、スチーム効果で防虫剤やたばこの臭いを軽減することも可能です。

スチームアイロンが適しているのは、以下の場合です。

ウール素材やセーターなどのシワをのばしたいとき

スチームを浮かしながらかけ、手でととのえることでフワッとした風合いをそこねずにシワを伸ばせます。

ズボンやスカートに折り目をつけたいとき

折り目をつけたい部分が見えるよう、あて布でアイロンをつつみ、ゴムで固定してかけます。

薄手の綿製品をきれいに仕上げたいとき

気になる部分にスチームを浸透させ、繊維を引っ張りながらシワをのばす

アイロンの「ドライ」「スチーム」を使い分けるポイント

  •  「ドライ」は、シワになりやすい綿、麻素材のシワをきちんとのばしたいときに 
  • 「スチーム」は、セーターやプリーツスカートをふんわり仕上げたいときに

 

シュッとスプレーするだけで、シワがみるみるとれる。

おすすめ商品のご購入はこちら
  • amazon
  • 楽天24
  • ケンコーコム
  • LOHACO
  • 爽快ドラッグ

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 17:59:12

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!