洋服や小物をお店のように美しく収納。袋や箱を使った“見せる”テク

hako_main

 

限られたスペースを有効に使い、たくさんの洋服やアイテムをすっきり見せるには、ちょっとしたコツが必要。

洋服の美しいたたみ方やキレイに見える並べ方に続いて、今回は、袋や箱を使った収納テクニックを紹介します。クローゼットスタイリストの黒田みかさん、教えてください!

お気に入りの紙袋で、インスタント収納ボックスのできあがり

131121-04-01

デザインや色がかわいくて、なんとなく取っておいた紙袋も収納に使えます。引き出しや棚の高さに合わせて、上部を内側に折りこむだけ。口の部分が2枚分の厚みになるため意外と頑丈で、しっかり自立する収納ボックスが完成します。

hukuro01

紐や手提げの部分は切り取るか、引っ張って内側にしまえばスッキリ。引き出しを区切ったり、キャミソールやペチコートなどあまり見せたくないアイテムを収納したりするのにも便利です。

ブックスタンドも優秀な収納アイテム

131121-04-02

大きな箱を使うなら、間仕切りは必須。がっしりしたブックエンドを入れておけば、中の洋服が減っても倒れないので、いつでも美しく見えます。黒田さんは主に、シワがつきにくいボトムスなどを軽くたたんで、ブックエンドを入れたカゴにしまっているのだとか。

小物をしまうのにぴったりなミニアクリルケース

131121-04-03

黒田さんいわく「100円ショップの中でも、Seriaにはかわいいアイテムが多い」とのこと。レース柄がよいアクセントになっているこのアクリルボックスもSeriaで購入したのだとか。タイツやスカーフ、ハンカチなどを色分けして納めていけば、まるでお店のように美しくディスプレイできます。 

 

取材協力:クローゼットスタイリスト 黒田みかさん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 11:54:11

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!