正月休みに洗ってスッキリ!自宅でスーツを洗濯する方法

187870932

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

最近増えているウォッシャブルスーツ。年末年始の休みなどに洗っておけば、ビジネスタイムがより快適に! 自宅での正しい洗い方や、型くずれしない干し方きれいに仕上げるアイロンがけのコツをご紹介します。

おしゃれ着用洗剤を使えば洗濯機で洗える

まずは取扱い絵表示をチェック

まず取扱い絵表示の確認を。

sentakukitearai(新表示は) がついていたら水洗いしても大丈夫です。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

シミや汚れがあったら

シミや汚れ部分にはおしゃれ着用洗剤エマールの原液をつけ、タオルなどでやさしく押さえておきましょう。

上下いっしょに洗うのがポイント

型くずれ防止のため、ボタンやファスナーを閉じ、襟、袖、パンツの裾など汚れの気になる部分が表に出るように4つ折りにたたんで、洗濯ネットへ。

お風呂の残り湯は避け、30℃以下の水道水を使いましょう。

上着とパンツ、スカートは別々のネットに入れて一緒に洗濯します。分けて洗うと色の違いができてしまうことがあるからです。

洗濯機に入れ、おしゃれ着用洗剤エマールを使い、手洗い(ソフト)コースやドライコース等の水流で洗います。柔軟仕上げ剤を使えばより風合いよく仕上がりますよ。

脱水後はすぐ取り出し、手のひらで軽くたたいてしわをのばし、形をととのえます。

乾燥機の使用はできないので注意しましょう

形をととのえ、厚手のハンガーで陰干しを

上着は型をキープできるよう、厚手のハンガーにかけるのがベストです。

パンツはベルト部や脇などの縫い目を軽く伸ばし、折り線がとれないように形をととのえます。パンツやスカートは裏返しにして、ピンチハンガーでつり干ししましょう。紫外線による変色や型くずれを防ぐため、必ず陰干しにします。

アイテム別・ビシッと仕上げるアイロンがけのコツ

袖はバスタオルを上手に活用すると立体的に

ジャケットは裏地~表地の順に、空いたほうの手で常に少し引っ張り気味にしながらかけるのがポイント。肩山はバスタオルを内側にあて、丸みに沿って軽くかけます。

袖はバスタオルを筒状にして中に入れて丸くして、手で押さえながら袖口や縫い目の丸みに沿って軽くかけます。背中は裏側からかけると、裏地がひびかずキレイに仕上がります。

パンツの折り線は裾から上に向かってしっかり押さえる

パンツは裏返してポケットやファスナーまわり、縫いしろをかけたら、表側へ。バスタオルを丸めて腰の部分に入れ、アイロンを軽くあてて形をととのえます。

足は布目に沿って、裾から上に向かって仕上げましょう

折り線は、縫い目の上下を合わせてあて布を使い、裾から上に向かってしっかり押さえながらかければキレイに仕上がります

スカートは円を描くように

スカートは裏から縫い目部分を開きながらかけましょう。表に返し、全体に円を描くようにかけます。

プリーツは、当て布をして軽く押さえるようにかけましょう。最後にもう一度裏返して、たたんだバスタオルを入れ、ウエスト部分をかけます。

まとめ

  •   部分汚れや型くずれ防止の下処理後、おしゃれ着用洗剤を使って洗濯機洗いを。
  •   ジャケットは厚手のハンガーで、パンツやスカートはピンチハンガーを使って、 陰干しするのがコツ。
  •   タオルやあて布を活用しながら、アイテムに合ったアイロンがけ方法を知っておけば、 ビシッと仕上げることができる。

商品情報

トリートメントしながらスッキリ洗う、蛍光剤無配合のおしゃれ着用中性洗剤
エマール リフレッシュグリーンの香り [本体]」

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 11:55:55

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!