SNSを活用して、今日から片付け上手になる方法

187958283

 

散らかった部屋にうんざり、それを片づけられない自分にイライラ、部屋がいらないものでぐちゃぐちゃ。それなのに、「もったいなくて」「いつか使うかも」、でなかなか捨てられない。部屋は、いつまでたっても片付かない。かくいう私も、いろんなものを広げて出しても、結局また押し込んでタイムリミットを迎えることもしばしばです。

そこで、捨活トレーニングの岡田敏子さんに、片付け上手になる裏ワザを教えていただきました。

他人に宣言・報告して、励ましてもらう

例えばダイエットを成功させたいとき、周囲の人に「ダイエット中!」と宣言するといいと、よく耳にします。見た目の変化や努力を褒められたり、停滞期には励まされたりして、ダイエット中の自分は決して孤独じゃないと、前向きに継続する気持ちが湧いてくるもの。

岡田さんによると、片付けも同様、周囲の人に「片付け中!」と宣言することが、効果アップするそうです。

SNSの普及で、誰でもどこにでも発信できる時代。Twitter、Facebook、ブログなどで、「○○を捨てた」と投稿して「いいね」をもらったり、「この使ってないアイテム、どうしよう?」と写真をアップして、第三者目線で捨てるモノの価値を客観的に見極めたり、要らないアイテムを必要とする人にあげたり、時には同じような片付けられない人同士繋がることもあったり…。

片付け経過をどんどん報告して、仲間からの叱咤激励を受けて、やる気アップ。この方法ならば、孤独な片付けと戦わず、楽しくできそうですね。

1度、プロに頼んでみるのもアリ

やりたいけど忙しくてできない場合や、片付けの実行力に難がある人の場合は、プロにアウトソーシングしてみることも大事だと、岡田さんはいいます。思い悩んで片付けが進まなくても、プロの判断力と実行力でスッキリ捨てて、その後は意外にも何があったのか忘れて思い出せない、結果オーライになることも多いのだとか。

 

取材協力:岡田敏子さん(Smile Factory)

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 13:03:49

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!