片付け下手におすすめの賢いブロック「レンブロック」とは?

131207_13_main-624x414

高価な家具も収納ボックスも不要ならば価値は同じ

「不要なモノを持ちすぎない、ためこまない」と、捨てることを基本にした整理術を広める活動をしているSmile Factory代表の岡田敏子さん。

高価な家具であれ、プラスチックの収納ボックスであれ、その中に「いつか使うだろう」「とりあえず取っておこう」「何となく買った」というものを隠したり、押し込んだりすることは、結局、それらの収納グッズをゴミ箱同然に扱っていることだと指摘します。高価な家具を買っても、中に押し込めてあった不要なものを処分すれば、家具自体もムダなものになってしまうのです。

片付け下手でも簡単組み立てOK

そんな片付けできない人の収納術にメスを入れてきた岡田さんが、収納アドバイザーとしての視点からも今一押しなのが「レンブロック」。

131207_13_main-624x414

森林の間伐によって出た木材に樹脂を組み合わせてできた、木とプラスチックのいいとこどりをした木質ブロック。まるでおもちゃのブロックのように、必要な形や大きさに自由自在に組むことができ、用途がなくなったら解体し、新しい用途に組み直せる、エコなアイテム。

軽量ながらも面での耐荷重は300kgという強度があるので、本棚やチェスト、スツール、小さなテーブル、ワインラック、花壇など、どんなものもアイデア次第で無限に生み出すことが可能なのです。

ちょっとした家具を買う際も、置く場所のサイズを測って、それに合う家具を探して、なんていう手間も、「レンブロック」ならば一切なし。子どもたちにも手伝わせて、ブロック遊びをしながら、お片付けの習慣づけをするのも、いいかもしれませんね。

 

取材協力:岡田敏子さん(SmileFactory)

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 13:15:08

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!