縮まない、型くずれしない。ウール・カシミヤのセーターの洗い方

153784721B

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

冬の間、たっぷり愛用したウールやカシミヤのセーター。キレイに洗って、しまっておきたいですね。しかし、間違った方法でお洗濯すると、あっというまに小さくなってしまうことも…。お気に入りの服を縮ませないたくない!そこで今回は、正しいウール・カシミヤのお洗濯の方法をご紹介します♪

絵表示チェック

まずは取扱い絵表示をチェックしましょう。

「洗濯機マーク」sentakuki (新表示は) または「手洗いマーク」tearai (新表示は)がついていたら水洗いOK!

tearai_ng(新表示は) がついていたら家庭では洗えないので、要注意。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

初めて洗うときは、色落ちしないかを確認しましょう

目立たないところにおしゃれ着用中性洗剤の原液をつけ、5分後に白い布をあてて軽く押さえます。

「洗濯機マーク」sentakuki (新表示は) 「手洗いマーク」tearai (新表示は)で色落ちしたときは、他のものと分けて、手早く水で洗う。

シミ・汚れをチェック!

色落ちしないものは、シミや汚れがないか全体をチェックしましょう。
シミがあれば、その部分におしゃれ着用中性洗剤の原液を少量つけて、タオルで軽くたたきます。

洗い方

ウールやカシミヤの繊維には、髪のキューティクルのような”うろこ”があります。この”うろこ”は、水にぬれると開き、こすると絡み合って、縮んでしまいます。手早くやさしく洗うのが縮み防止の秘訣です。

カシミヤは繊維が細くて柔らかいため、摩擦に弱く毛玉やケバ立ちができやすい、とてもデリケートな繊維。お風呂の残り湯などの温水は縮みの原因となるのでNGです。

洗濯機…「手洗い(ドライ)コース」

全自動洗濯機なら、「手洗い(ドライ)コース」を使います。
たたんで洗濯ネットに入れたら、洗濯機にポン♪ 脱水までおまかせしてOK!

お風呂の残り湯は使用せず、30℃以下の水道水を使用しましょう。

ニオイが気になる場合は、液体酸素系漂白剤等を併用するのがオススメです。

柔軟剤を入れておくと、ふんわり軽く仕上がり、静電気を防ぐ効果もあります。

手洗い…やさしく押し洗い

  1. 洗いおけに、30℃以下の水5Lをはり、おしゃれ着用洗剤エマール12mlを入れた洗濯液をつくる。
  2. 型くずれしないように、きちんとたたんだまま、洗濯液に2~3分つけて、20~30回やさしく押し洗いする。
  3. たたんだまま、洗濯機で30秒ほど脱水した後、すすぎ水で軽く押しながらすすぐ。
    水を替えてもう1回すすぐ。
  4. 柔軟仕上げ剤を入れてよく溶かし、約3分間つけて、30秒ほど脱水。

えり、袖口、前身ごろ、ひじなど、汚れやすい 部分が外側になるようにたたんでおくと、汚れの落ち具合もチェックできて便利です。

干し方

必ず、陰干しに!

脱水したら、タテ・ヨコ2つに軽くたたみ直し、軽くたたいてシワをのばします。さらに広げて軽くたたきながら、形をととのえ、陰干しします。

日光による黄ばみや色あせを防ぐために、必ず日陰に干しましょう。型くずれを防ぐには、平干しがベスト!特にざっくりした編み方のローゲージのセーターは必ず平干ししましょう。

平干し台がない場合は、ピンチハンガーの上に広げるか、竿に2つ折りで干し、袖も竿にかけ、伸びないようにする干し方でもOKです。

アイロンのかけ方

スチームの「浮かせがけ」で、ふっくらと♪

強く押しつけると、ふっくらなめらかな風合いが台無しに…。
たっぷりとスチームを出しながら、アイロンを浮かせてかけるのがポイントです。

ウールもカシミヤもデリケートな素材なので、キレイに洗ってからしまわないと、虫食いの原因になります。少し手間がかかりますが、正しく洗濯することで、お気に入りのセーターを長く愛用できますよ。

商品情報

色・シルエットを保ち。汚れすっきり。
エマール

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 01:43:35

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!