すっきり丸洗いできる!ダウンケットの洗い方

couette blanche

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

冬に重宝したダウンケット。そろそろ暖かくなってきたので、収納したいところ。自宅で洗えないものかと思いきや、実はウォッシャブルのものなら洗濯機で洗えるんです。毎日肌に触れていたものだから、すっきり丸洗いできるのうれしいし、クリーニング代も節約できます。

ではさっそくお洗濯の方法をご紹介します。

まずは絵表示をチェックしよう

まず、 sentakukitearai(新表示は)がついてることを確認しましょう。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

tearai_ngがついていたら、水洗いはできません。新表示はがついていたら、家庭での洗濯ができません。

シミ・汚れがないかチェック

次に、ダウンケットにシミや汚れがついてないかを確認します
シミやえりもとの汚れが気になる部分には、水を少し含ませたスポンジに、おしゃれ着用洗剤の原液をつけて、たたいておきます

汚れている部分を外側にし、くるっと丸めて毛布専用ネットに入れれば準備完了です♪

洗濯機の「毛布コース」や「手洗いコース」で洗おう

用意するもの

  • おしゃれ着用洗剤

洗濯機で洗う

  • sentakuki(新表示は)のあるもの…「毛布コース」で、洗濯機の取扱説明書にしたがって洗います。
  • tearai(新表示は)のあるもの…「手洗い(ドライ)コース」で洗うのがおすすめ。

お風呂の残り湯は使わず、30℃以下の水道水を使いましょう。

脱水は短めに!

柔軟仕上げ剤を使うと、ふんわりと風合いよく仕上がります。

日陰で干す

干し方の手順

  1. 脱水後はすぐに洗濯槽から出し、中の羽毛を軽くほぐして、日陰でM字干しにする
    早く乾かしたいときは、ときどき裏返す。
  2. 乾いたら、両手でダウンケットをはさみ、たたきながら羽毛を均一にととのえる
  3. 中の羽毛は乾きにくいので、さらに2~3日室内干しにする。

羽毛がダンゴ状になったら、ムリにほぐさず、少し乾いてからほぐしましょう。

 

この洗濯方法をマスターしておけば、収納するときにはもちろん、シーズン中のデイリーケアにも役立ちますよ。お試しくださいね。

商品情報

色あせ・毛羽立ち・ヨレ・縮みを防いで、汚れ・ニオイをしっかり落とすおしゃれ着用中性洗剤
エマール リフレッシュグリーンの香り[本体]

ふんわり・素肌に心地いいやわらかさに。抗菌・防臭効果でイヤなニオイを防ぎます。
フレアフレグランス フローラル&スウィート[本体]

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:03:40

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!