洗濯用洗剤でぱぱっとできる、服についたチョコレートの落とし方

choco

 

子どもはチョコレートが大好き。甘いものは控えめに、なんて思いつつ、チョコレートを味わうニコニコ顔はやっぱりかわいいものです。

しかし、洗濯のときにポケットから、いつ入れたのかわからないチョコレートが出てくることも…。そんなときにぱぱっとできる洋服についたチョコレートの落とし方をご紹介します。

準備しておくもの

  • 洗濯用中性洗剤か食器用洗剤(中性)
  • 乾いたタオル
  • 古くなった歯ブラシ

和服・皮革類など特殊なものはクリーニング店に相談しましょう。その際、シミの種類を伝えるのを忘れずに。

まずは歯ブラシでたたいて落とすか、つまみ洗い

  1. 乾いたタオルを2つ折り、または4つ折りにします。
  2. チョコレートのシミがついた側が1.のタオルに接するように洋服をおきます。
  3. 洗濯用液体洗剤の原液をごく少量、歯ブラシにつけてたたいて、下のタオルにシミを移します。
  4. さらにタオルの位置を変えながら、シミの色がタオルにつかなくなるまでたたくか、洗剤をつけてつまみ洗いをします。

こすらないで、たたいてシミを移すことがポイント。

洗剤はシミのまわりから中心にむかってなじませるようにつけましょう。いきなり中心にたらすと、シミが広がって輪ジミになってしまうのでNGです。

そして、水で洗って、すすぎ、自然乾燥

最後にタオルで水分を吸いとって、自然乾燥させましょう。

洗剤で落ちないようなら、チョコレートのように油を含むシミに有効なベンジン、アルコールを使ってみるのも手です。 

子どもは汚す天才。カリカリせずに、ぱぱっと気軽に家事をして、のんびりした気持ちで接したいものです。

 

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:47:28

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!