目指すは“15分収納”! パパッと片付けて自分の時間をつくれる、お片付けテク

131226_14_main

 

春からの新生活。心機一転、「これからは、ずっとキレイな部屋にしたい!」という人は多いのではないでしょうか?二度と散らからない、ショールームのように24時間365日ずーっと片付いている状態を目指してみても、途中で挫折する人がほとんど。では、現実的な目標を立てて、トライしてみませんか?

すき間の時間で片付けられる“15分収納”

ホーム・オーガナイザーで二級建築士の吉島智美さんがおすすめするのは、物が散らかっていてもパパッと15分以内で片付けられる、その名も“15分収納”。
15分でとりあえず片付けられる状態をキープすることで、ちょっとしたすき間の時間を使って部屋をキレイにできます。 “15分収納”をキープするコツをうかがいました。

物の「住所」を決める

131226_14_01

「物の置き場所があいまいだと、使った後、『空いているところに適当に突っ込んだ』なんてことになりがち。置き場所を決めて納めると、片付けがとってもラクになりますよ」と吉島さん。
よく使う場所の近くに、その物の置き場所を作ります。置き場を忘れないよう、ラベルや写真を貼るといいそう。収納から取り出しても簡単に戻せると、片付けのストレスが軽減します。

「とりあえず」の置き場所を決める

131226_14_02

吉島さん宅では、リビングのベンチ下の収納が大活躍。リビングでお仕事することが多いので、文房具や書類を入れる場所を決めているほか、ご主人の物を入れるスペースもあって、まずはそこに入れてもらうのだそうです。

131226_14_03

急な来客など、「30分しか時間がない!」なんてときは、自分の身支度にも時間を使いたいもの。小さめの「とりあえず」の場所を作っておけば、いざというときも慌てずにすみます。

131226_14_04

アイロンがけのセットもベンチ下が定位置。アイロンをかける前の衣類も入れられるよう、スペースを空けておくのだそうです。

普段から、すき間時間でお片付け

出かける前の15分、洗濯機を回している間の15分など、すき間時間は意外と見つかるもの。

「15分で片付けられれば、おのずと時間に余裕ができます。趣味など好きなことに使うのもいいですね」と吉島さん。

春からは片付けに追われることなく、自分の時間をたっぷり使えるようにしたいですね。

取材協力:吉島智美さん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 01:39:42

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!