バチッとくる冬に覚えておきたい! 静電気を防ぐコーディネート

76802670a

 

セーターを脱いだときなど、ふとした瞬間にパチパチッと弾け、私たちをびっくりさせる静電気。実は、コーディネートにちょっと工夫をするだけで、ぐっと起こりにくくなるのだとか。どんな服を選べばいいのでしょうか?

生地によって静電気が起こりやすくなる

静電気は、体や衣服にたまった電気が、他のものに触れたときなどに流れ出す現象。つまり、まずは体に電気をためないことが重要なのです。

たとえば、綿の肌着は水分を含んでいるため電気をうまく逃がすけれど、合成繊維はあまり電気を通さないので、体にたまりやすくなってしまうのです。

静電気の起きにくいコーディネートは?

ポリエステルやアクリルといった合成繊維は避け、できるだけ綿の衣類を選びます。あらかじめ柔軟剤を使って、摩擦が起きにくくしておくのも有効です。

また、重ね着にも注意が必要。マイナスの電気が多い生地とプラスの電気が多い生地を組み合わせると、静電気が発生しやすくなってしまいます。

(+)

  • 羊毛
  • ナイロン
  • レーヨン
  • 木綿
  • アセテート
  • ビニロン
  • ポリエステル
  • アクリル
  • ポリ塩化ビニル
  • ポリエチレン

(-)

上にいくほどプラスの電気を帯びやすく、下にいくほどマイナスの電気を帯びやすい素材です。

たとえば、羊毛のセーターとポリエステル素材のジャケットは静電気が起きやすい組み合わせ。できるだけ避けたほうがいいですね。

どうしても着たい場合は、インナーを綿の肌着にしておくだけで、電気を減らす効果があるのだとか。また、静電気防止効果のあるスプレーを事前に使用しておくのもよいですね。

小物にも気を配る

洋服だけでなく、小物にも気を遣いましょう。靴はゴム底ではなく、静電気が溜まりにくい革靴を。靴底がアースの役割を果たして、電気を地中に逃がしてくれます。

商品情報

スプレーするだけでシワもニオイもとれ、静電気防止効果も
スタイルケア 服のミスト[本体]

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 17:55:03

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!