ドラム式洗濯乾燥機デビュー、どれを選ぶ?[大容量のファミリー向けモデル編]

family

そのデザイン性の高さと乾燥機能付きの便利さから、憧れている人の多い“ドラム式洗濯乾燥機”。

買い替えのタイミングでぜひ導入をと考えている人のために、その最新機能や選び方のポイント、省エネ性能について、各社の上位モデルの中から、おすすめ機種をピックアップしてみました。

まずは、洗濯容量9~10kgという大容量のファミリー向けモデルをご紹介します。

ドラム式洗濯乾燥機とタテ型洗濯乾燥機の違いって?

最新モデルの比較の前に、おさらいしておきたいのがタテ型洗濯機との違い。

洗濯槽の底に設けられたパルセーター(回転羽根)をモーターの力で回し、たっぷりの水で攪拌しながら水流で洗うタテ型洗濯機とは方式が違い、ドラム式洗濯機は少量の洗濯液の中でドラムを回転する力によってたたき洗いをします。

また、乾燥時にはこのドラムの中で衣類をかき混ぜて、効率よく乾かすことができるのです。

たたき洗いによって寝てしまった繊維なども、かき混ぜながら乾燥させることによって、ふわりと置き上がってやわらかな仕上がりになり、シワもつきにくいのが特徴。つまり、乾燥機能まで使ってこそ、ドラム式の良さが活きると言えるでしょう。

また、乾燥方式もヒーター式を採用しているタテ型と異なり、ヒートポンプ式やヒートリサイクル乾燥などの省エネ性に優れたものを採用しているものが多く、乾燥の温度帯が約60℃と低めなため、衣類を傷めずに仕上げることができるのもうれしいポイントです。

ただし、ファミリー向けタイプのドラム式洗濯機は、タテ型よりも本体サイズが大きいため、設置スペース(防水パン)や搬入経路の幅や形状をしっかりとチェックしておくことを忘れずに。設置場所の蛇口の高さも念のため調べておくと安心です。

また、購入後は、乾燥フィルターや洗剤投入口などのお手入れを欠かさないことが、いつまでも気持ちよく使えるポイント。電気代にも響いてきます。

 

トレンドは洗濯槽の自動おそうじ、時短、省エネ性のアップ

ここ数年、乾燥時に高速の風を吹き付けることによって、衣類のシワを伸ばしながら仕上げる機能が注目されてきました。

最新モデルのトレンドは、黒カビの発生を防ぐ洗濯槽の自動おそうじ機能や、洗濯・乾燥スピードの向上、少量の洗濯物をスピーディに洗濯&乾燥させる便利機能などそれでは、洗濯パターン別におすすめ機種をご紹介しましょう。

 

やんちゃな子どもの洗濯物もお任せ!毎日、こまめに洗濯したいならコレ!

 

sharp_ES-Z100

2012年秋発売のモデルで、ついに乾燥方式に節電・節水性に優れたヒートポンプを導入。

「温/湿ダブルセンサー」の搭載によって、洗濯~乾燥において業界最高水準となる610Whを達成した省エネモデル。洗濯容量9kgの大容量タイプで毛布もOKですが、3人家族の1日分の洗濯物(約2kg)なら洗濯~乾燥まで約65分で仕上がる便利なコースや、子どもが出し忘れた体操服を急いで洗いたいときにうれしい、約40分で仕上げるコースも備えています。

ドアの内側に凹凸のついた「ひまわりガラス」によって、衣服がドアにあたるたびにこすり洗い効果が発揮され、洗浄力も◎。育ち盛りのお子さんがいるご家庭におすすめしたい1台です。

商品情報

「ES-Z100」(シャープ)

ES-Z100-NL(ゴールド系・左開き)/ES-Z100-NR(ゴールド系・右開き)/ES-Z100-TL(ブラウン系・左開き)/ES-Z100-TR(ブラウン系・右開き)

カットソーやニットなどもやさしく仕上げ、使いやすさも抜群の1台

 

pana_NA-VX8200

オシャレ着などの汚れをしっかり落としながらもデリケートな衣類を傷めずに仕上げる「上質おうちクリーニング」など、パナソニックならではのコースを備えた最上位モデル。

低温で乾かすため衣類へのダメージも抑えてふっくら仕上がるヒートポンプ式乾燥を採用しています。同社ならではの省エネ技術「エコナビ」や、洗うたびに洗濯槽をナノイーイオンで満たす「ナノイー槽クリーン」なども魅力的。直感操作が可能なカラータッチパネルを採用しているので、初めてのドラム式洗濯機でも楽々使いこなせます。

商品情報

「ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX8200L/R」(パナソニック)

パパのワイシャツもアイロン掛け要らず!自動おそうじ機能で黒カビ対策も

 

hitachi_BD-V9500

時速300kmの高速風でシワを伸ばしつつ、低温で衣類を傷めず乾燥させる「風アイロン」機能が人気のモデル。混紡素材のワイシャツなら、アイロン掛けをしなくても着られるレベルに仕上がります。

基本的にはヒーター式を採用していますが、モーターやファンから発生した熱を乾燥用の温風として再利用する独自の「ヒートリサイクル乾燥」を採用することで省エネ性能も高めている点も魅力。洗濯するたびに洗濯槽内部の汚れをきれいな水で洗い流して菌やカビを抑制する「自動おそうじ」機能のほか、排水ホースの内部の汚れも防ぐ「内面フラットホース」も採用するなど随所に清潔機能を盛り込んでいます。

本体幅を狭くて奥行きを深くしたビッグドラムスリムBD-S7500もあるので、設置場所に応じて選んで。

商品情報

「ビッグドラム BD-V9500」(日立)

 

メイン写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:04:32

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!