[ちょこちょこ掃除がカギ] 続けるだけで、お風呂場を楽々きれいに保つテク

DSCN0046

 

引越ししたての新しい家で、新しい生活を始められる方も多いこの季節。新居のときのきれいな状態を末永く保つためのちょっとしたコツを、花王株式会社の東海林建三さんに聞きました。今回は、お家の中でも最も掃除が大変な「お風呂場」をきれいに保つヒケツのご紹介です。

お風呂場の強敵「カビ」を防ぐコツ

お風呂場は一年中湿気があるので、ちょっと掃除をサボるとすぐにカビが発生してしまいます。そのうえ一度カビが生えてしまうと、なかなか落ちないのでよけいに厄介。

カビ予防に効果的な対策は、できるだけ湿気を溜め込まないようにすること。

お風呂を使い終わったら、お風呂場全体に水シャワーをかけて浴室内の温度を下げる、換気扇、あるいは窓を開けてしっかり換気、湿度を下げることで、カビの発生を抑えられるそう。

 DSCN0134a

それぞれの汚れに合った掃除の仕方を覚えよう

一言で汚れといっても、原因や汚れの種類はさまざま。それぞれの汚れに合った掃除の仕方と洗剤を使用することで、簡単に汚れを落とせるようになります。

 

黒カビには

パッキン部分はカビが発生しやすく、一度生えるとなかなか取れない場所なので、事前の予防が大切です。パッと見カビが生えていなくても、カビの根がパッキンの奥に潜んでいる可能性もありますので、週1回程度を目安に、「カビハイター」で掃除を。

パッキン部分にスプレーし、5分程度つけおきするだけでOK。意外と手軽にカビ予防ができるんです。

 

ピンク汚れには

洗い場の床や浴室の角などに発生しやすいピンク汚れは、菌の集合体。

ピンク汚れの原因菌をしっかりと除菌してくれる、「バスマジックリン除菌消臭プラス」を使えば、汚れ落としとピンク汚れの発生を予防することが一挙にできるのでオススメです。

 

浴槽の皮脂汚れには

浴槽にへばりついた皮脂汚れは、毎日掃除を。といってもやり方は簡単。浴槽にスプレーし、20~30秒おいてからシャワーで流すだけでも大丈夫です。

数量限定でこの春発売の「バスマジックリン 泡立ちスプレー アロマ消臭プラス・ブリリアントベリーの香り」を使うと、浴室内に香りが漂い、掃除のモチベーションもアップ。

浴室内は狭くて湿度も高いため、香りが強いものは使いたくないですが、こちらはほのかに香るタイプなので、気持ちよく掃除に励むことができました。

 

商品情報

密着成分配合で、きめ細かい泡が垂直面のカビにもとどまって効く
強力カビハイター

新除菌成分配合で、従来の除菌効果に加えてピンク汚れの発生まで抑える
バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス[本体]

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:09:49

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!