[新生活スタート! 引越しを快適にするテクニック] パパっと完了。引越し後もラクチン、荷づくりの手順

DSC00715a

 

どうしてもバタバタしてしまう引越しですが、自分なりのルールを作り、順序よく荷づくりを行えば、引越し先での作業も効率よく進められます。引越し業者の大手「アート引越センター」に荷づくりのコツを聞きました。

見取り図を作って、部屋に番号をつけておく

DSC00713

DSC00716

新居の見取り図を作り、「1・2・3」「A・B・C」などと部屋に番号や記号をつけておきます。段ボールにも番号を書き入れておけば、その番号が示す部屋に荷物を運んでくれます。

数枚コピーしておいて、引越し当日に業者へ渡すとスムーズです。

棚や引き出しの写真を撮っておく

今の通りに収納するために、棚や引き出しの写真を撮っておきます。見ながらしまえば、簡単に元の通りに収納できます。

荷づくりの順番は“奥から手前へ”が鉄則!

荷づくりしたものの、気がついたら荷物が出入り口をふさいでた、なんてことのないように。荷づくりは、一番奥の部屋の使わないものから順番に行うのがコツです。

重い物は小さな箱へ、軽い物は大きな箱へ

本や雑誌をひとつの段ボールにたくさん入れてしまうと、重くて運べなかったり、段ボールの底が抜けてしまったりする事態につながります。本や食器などは小さな段ボールへ、洋服やタオルなど軽い物は大きな段ボールへ入れます。

色別のガムテープを重要度のサインに

DSC00712

箱に中身を書いていても、引越し中のバタバタに紛れて、大切な荷物を見失ってしまうもの。段ボールの上部をとめるとき、割れ物には赤テープ、引越し先ですぐ使うものには黄色テープ、それ以外は白テープなどと色を決めておくと便利です。

皿やコップはひとつひとつ丁寧に包む

DSC00706

お皿は一枚一枚包みます。四隅から順に内側へ折って、テープでとめておきます。コップもひとつずつ丁寧に包みます。フタのあるものは別々に包んでください。

バイクやストーブの灯油は抜いておく

燃料を完全に抜き取り、ストーブは点火用の電池も外しておきます。なお、灯油、燃料など火災の原因になるものは運べない業者がほとんどなので注意が必要です。

これはダメ!よくある引越しNG集

ひもがけ…荷物をひもで結ぶだけでは不十分です。きちんと段ボールへ入れてください。

袋詰め…袋が破れて中身が飛び出すおそれがあります。

箱の盛り上がり…たくさん詰めすぎて上が盛り上がると、段ボールを積んだときに不安定になって危険ですし、作業効率も低下します。

底の組み込み…段ボールの底は、互い違いに組み込むだけでは抜けてしまうので、きちんとガムテープでとめてください。

DSC00714

段ボールを組み立てる際は、底抜けしないように必ず底をガムテープで十字にとめましょう。

これさえ押さえておけば、引越し先への運搬や荷解きの不安もなくなります。新居ですぐに新しい生活を始めるため、引越し前のちょっとしたコツを実践してみては?

 

取材協力:アート引越センター

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:07:26

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!