[引越しするなら、ここをチェック!キッチン編] シンク、コンロ、冷蔵庫は2~3歩内に配置

DSC00665a

 

おしゃれな「収納」が昨今の流行――。新しい家のキッチンも、鍋などの調理器具が機能的にしまえて、食材のストックがたっぷり収納できるかどうかが、一番のポイントになるそうです。

もちろん、それは大切なこと。しかし、もっと考えなければいけないことがあります。それは、料理を作るときの“動線”です。どんなにおしゃれに収納できても、動きにくかったら大問題。引越しの際には、「収納」と同じように、「動線」も考えてみましょう。ポイントは以下の2つです!

1.“ワークトライアングル”をチェックしてみよう!

ワークトライアングルをご存知でしょうか? シンク・冷蔵庫・コンロの3点を線で結んだ三角形のことで、この3つが「正三角形に近いかたち」で配置され、「それぞれが2~3歩で行き来できる距離にある」と、作業効率が良いと言われています。 

それぞれの距離が近すぎると、調理するスペースや収納スペースが減り、遠すぎると動きに無駄が多くなります。新しいキッチンを見るとき、このワークトライアングルの配置や移動距離をチェックしてみましょう。

※一般的にワークトライアングルの三辺の長さの合計は、360cm~660cmが理想的とされています。

DSC00660Bjpg

2.キッチンに準備スペース、調理スペース、配膳スペースの3つがあるか

キッチンに、食材を置く「準備スペース」、食材を切る「調理スペース」、盛り付けをする「配膳スペース」の3つがあると、動線が交錯せず、スムースに調理が進められます。

差替用の画像(キッチンスペース)A

シンクとコンロの間のスペースに余裕があれば、作業台の手前を「調理スペース」、その奥を「準備スペース」、カウンターの上を「配膳スペース」として使っても。 

もし、この3つのスペースがなければ、ワゴンやラックなどを使って、配膳や準備スペースを作りましょう。

家電ラックなどの一角を空け、準備スペースに

ラックの上半分を空けておけば、食材を置く準備スペースとして活用できます。

キッチン編の画像1(準備スペースを作る)a

ガスコンロ下に、市販のレンジテーブルを置いて、配膳スペースにしても

これで、盛りつけた料理の一時置き場ができます。

キッチン編の画像2(配膳スペースを作る)a

この2つのポイントをクリアしているキッチンなら、効率が良く、調理の時短につながります。引越しの際には、ぜひ検討してみましょう。

 

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-18 13:52:36

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!