カビがつきにくくなるカンタンお風呂掃除、3つのポイント

bath room

一度つくとなかなか落ちにくいカビ。

20〜30度の適度な温度、75%以上の湿度、汚れなどの栄養分の3条件が揃うと発生・繁殖しやすいそうです。

カビを予防するなら、毎使用後の軽い掃除や換気を忘れずに。そこで今回は、カビ予防のためのチェックポイントをご紹介します。

床や壁についた石けんかすなどの汚れを放置しない

石けんかすやシャンプーなどが飛び散って汚れやすい床や壁。

リンスやトリートメントに含まれる髪の保護成分は、石けんかすと一緒になると落ちにくい汚れになります。

放っておくとカビやぬめりの原因にも。浴室用洗剤をスプレーしてスポンジで軽くこすれば簡単に落ちます。

椅子などの小物やミラーの掃除も忘れずに。

使用後にお風呂場の湿気を逃がし、温度を下げておく

kabi

家族一人一人の入浴後は必ず浴槽にフタをし、窓を開けたり換気扇を回したりして、浴室の湿気を追い出しましょう。

最後の使用後、浴室用洗剤で軽く掃除できれば理想的ですが、無理なら壁や床にお湯をかけて汚れをとり、次に水をかけて温度を下げるだけでも、カビの発生がかなり防げます。

防カビ効果のあるスプレーを使おう

防カビスプレー

いつものようにお掃除するだけで防カビ効果が期待できる浴室用洗剤が市販されていますので、こういうものを使用するのもおすすめです。

洗った後、水切れをよくしてくれるので、カビの原因となる水滴などを残しません

 

カビがつきにくくなる、お風呂掃除法のまとめ

  • 1. 毎使用後は床や壁などもしっかり洗い直す
  • 2. 浴室の温度・湿度を下げる
  • 3. 防カビ効果のあるスプレーなどで掃除をするとなお良し!

商品情報

壁のカビの発生も防ぐ 「バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス

メイン写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 13:14:45

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!