場所や汚れに応じて、掃き掃除とふき掃除を上手に使い分けましょう。
ぞうきんがけの代わりに、フロアワイパーを活用するのも手です。

掃除の基本

効率よく掃除するためのおすすめの手順です。

片づけから始める

掃除する場所が散らかったままだと、掃除の効率が悪くなるばかり。
まず整理をして片づけ、換気のために窓を開けてから掃除を始めましょう。

上から下へ

上から下へ

ホコリは上から下に落ちるので、掃除も高いところから始めて、低いところで終われば、落ちたホコリでまた床掃除することなく効率的にできます。

 

 

奥から手前へ

手前から奥の順に掃くと、奥にたまったホコリが出てきて、また手前を掃くことになってしまうので、奥にある汚れやホコリを手前にかきだすように掃除しましょう。

フロアワイパーの使い方

奥から手前、軽い汚れからひどい汚れへ順番にふいていく

  1. 目的に応じて、ドライタイプまたはウエットタイプのフロア用そうじシートをつける
  2. 奥から手前、軽い汚れからひどい汚れへ順番にふいていく
  3. フローリングや畳の目に沿ってふく

ダニのフンや死がいなどのハウスダストは、掃除機の排気などちょっとした空気の動きで舞い上がりやすいので、吸い込まないようあらかじめふき掃除をするなど、空気を乱さないようにしっかり取り除くことが重要です。

ぞうきんがけの基本

汚れが気になるときは、水ぶきしましょう。

  1. 水ぶきのときは、ぞうきんを水や洗剤液にひたしてから、かたく絞る
  2. 奥から手前、軽い汚れからひどい汚れへ順番にふいていく
  3. フローリングや畳の目に沿ってふく

あわせて読みたい掃除ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!