ガンコな汚れを効率的に落とすには、「湿布法」や「つけおき」がおすすめ。
力をかけずにラクにキレイにすることができます。

汚れ落としの基本

どんな汚れでも、なるべく早く、汚れにあった落とし方をするのがポイントです。

汚れたらなるべく早く落とす

時間がたつにつれ、汚れが変化して落ちにくくなります。
どんな汚れも、早いうちなら比較的かんたんに落とすことができます。

汚れの種類・程度にあった落とし方をする

いきなり硬いものでゴシゴシこすったり、強く洗剤を使ったりすると、汚れがついた対象物を傷めてしまう可能性があります。

おだやかな落とし方から試してみて、汚れが落ちなかったら、少しずつ強くしてみましょう。

また、汚れの種類や程度によって、掃除方法は異なります。最適な掃除道具・洗剤などとあわせて選びましょう。

湿布法

湿布法が向いているもの

  • ガスレンジ台まわりの壁や、浴室の目地やゴムパッキンなど、洗剤がとどまりにくいものに

用意するもの

  • 使用する洗剤、漂白剤
  • ティッシュペーパー
  • ぞうきん

掃除方法

汚れた場所に湿らせたティッシュペーパーをはりつけて、使用する洗剤や漂白剤を吹きかける

  1. 汚れた場所に湿らせたティッシュペーパーをはりつけて、使用する洗剤や漂白剤を吹きかける
  2. 必要時間おいたら、ティッシュでふきとったあと、水で流すか水でぬらしたぞうきんでふく

材質によっては傷めてしまうことがあるので、必ず目立たないところで確かめてください。

つけおき

つけおきが向いているもの

  • 取りはずせる換気扇や、コンロの受け皿・五徳など、ぞうきんやブラシなどでは掃除しにくいものに

用意するもの

  • 使用する洗剤
  • スポンジや使い古した歯ブラシ
  • 洗いおけなど

掃除方法

洗いおけに水またはぬるま湯をはり、使用する洗剤を入れる

  1. 洗いおけに水またはぬるま湯をはり、使用する洗剤を入れる
  2. 必要時間おいて、スポンジや使い古した歯ブラシで軽くこする
  3. 水洗いして、しっかり乾燥させる

まとめて掃除したいときにもおすすめです。

あわせて読みたい掃除ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!