毛足があるため、髪の毛やホコリなどがからみやすいカーペットは、ダニのフンや死骸などのハウスダストも多い場所。細かいハウスダストを除去するためには、掃除機をしっかりかけましょう。

日ごろの掃除方法

ゆっくりていねいに掃除機がけをしましょう。

汚れが目立つとき

部屋の入り口など、人がよく通るところは汚れやすいもの。定期的にふき掃除をしましょう。

用意するもの

  • リビング用洗剤(希釈タイプ)
  • バケツ
  • ぞうきん

掃除方法

ぞうきんをリビング用洗剤のうすめ液にひたし、かたくしぼり、小さな円を描くようにふく

  1. バケツにリビング用洗剤(希釈タイプ)のうすめ液をつくる
  2. ぞうきんを1にひたし、かたくしぼり、小さな円を描くようにふく
  3. 仕上げにきれいなぬるま湯でしぼったぞうきんでふく
  4. 風を通してよく乾燥させる

シミの落とし方

食べこぼしなどのシミは、ついたらすぐに落としましょう。奥までしみこんでしまうと、汚れが取りにくくなります。

用意するもの

  • リビング用洗剤(スプレータイプ)
  • 乾いた布 または ティッシュペーパー
  • 使い古した歯ブラシ

掃除方法

スプレーして出た泡をシミの上にのせて、シミが広がらないように、使い古したブラシでシミの外側から内側に向けてこする

  1. 乾いた布 または ティッシュペーパーで、水分や汚れをできるだけ吸いとる
  2. リビング用洗剤を布にスプレーする
  3. スプレーして出た泡をシミの上にのせて、シミが広がらないように、使い古した歯ブラシでシミの外側から内側に向けてこする(強くこするとケバ立つことがあるので軽くこする)
  4. シミの部分よりやや広めにこすって、境界線をぼかす
  5. きれいになったら、お湯にひたしてかたくしぼった布でたたきぶきする

カーペットには、水にぬれただけでも変色するものもあるので、カーペットの絵表示を確認してください。

リビング用洗剤は、目立たないところで変色しないか確認してからお使いください。

カーペットのハウスダスト対策

あわせて読みたい掃除ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!