汚れと同様、室内のこもったニオイも気になりますよね。
基本をおさえておけばいつでも気持ちのいい住居空間に。

ニオイの基本対策

空間を問わず、ニオイの原因は基本的には2つ。

  1. 料理などの残り香などの空間臭
  2. 残った汚れに菌が繁殖して発生するニオイ

まずはしっかり換気をする

ニオイが気になったら、窓を開けたり換気扇を回したりして、空気を入れ換えましょう。

冬の寒い時期や花粉が気になる季節でも、窓を10cm程度開けて、短時間換気を行うだけでも効果があります。

また、枕カバーやシーツなどにしみこんだ汗や皮脂などからニオイが空間へ漂ってしまうことも。 洗えるものはこまめに洗いましょう。

天気が悪かったり外出したりと、なかなか換気できないときには、消臭スプレーなども上手に使って。

 

掃除できるところはこまめにお手入れをする

汚れが残っていると、それがニオイの原因となる微生物の栄養源となり、菌の繁殖につながってしまいます。

場所ごとのポイントを押さえながら、こまめな掃除を心がけましょう。

キッチンは「生ごみなどの食品汚れ」、浴室は「床や壁などに残った皮脂汚れ」、トイレは「壁などに飛び散った尿ハネ汚れ」がニオイの原因になりやすいので、注意して掃除しましょう。

ニオイが気になりやすい場所の掃除方法

あわせて読みたい掃除ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!