汚れを広げないのが基本です。
汚れの軽いものから順番に洗いましょう。

洗う前のひと工夫

汚れを広げない

汚れを広げない

  • 油汚れのついた皿は重ねない
  • 食べ残しや、油、ソースなどは、キッチンペーパーなどでふきとる

 

食器を洗う順序

汚れの軽いものから洗い、油汚れのある食器は最後にしましょう。

  1. 汚れが少なく割れやすいガラス類
  2. 水につけておくと傷みやすい、木のお椀や箸
  3. 油汚れのついていない食器
  4. 油汚れのついた食器

食後すぐに洗わないときは、食器用洗剤を入れて水につけておきましょう。
汚れが乾いてこびりつくのを防ぐとともに、ごはん粒など、デンプン質の汚れをゆるませて、落ちやすくします。

シチューやカレーなどで鍋にこびりついた汚れは、鍋に水をはり、しばらくつけおいてから洗うと、汚れが落ちやすくなります。

傷みやすい木のお椀や箸は、水に長時間つけておかず、使ったらすぐに洗うようにしましょう。

ガラス食器のくもりの落とし方

すすぎのポイント

水をこまめに止めて、「ためすすぎ」をする

食器を洗うときは、水を出しっぱなしにせず、洗いおけに水をためてすすぐ「ためすすぎ」をすると、節水ができます。

 

あわせて読みたい食器洗いガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!