Q6:キャラ弁は、作る際に手でいっぱい触ってしまうから、不衛生?

480936297b

A:
手についていた雑菌が食品につくと、傷みやすくなります。食中毒は少量の菌が付いただけでも発生する可能性がある種類もあるので、箸などを使いましょう。

アニメや漫画のキャラクターを、ご飯やおかずを使って表現する「キャラ弁」。子どもが喜ぶ顔をみたくて、がんばっているお母さんも多いのでは? でも、作っている最中に、食材を手で触ってしまうことも多く、菌による食中毒が気になります。衛生微生物研究センターの李憲俊さんに取材して聞いてみました。

Q:普通につくったお弁当と、手を使ったキャラ弁当、菌の差は?

A: 素手で触ったものには、ものによっては手にいる菌がそのままつくと考えられます。おにぎりも作ってすぐに食べるのなら問題ありませんが、菌は発育の条件がそろうと30分ほどの短時間で倍々に増えていくもの。

素手で触れていないお弁当でも、菌はゼロというわけではありませんので、同じように注意が必要。最初の菌数が少なければ少ないほど、食中毒になる可能性が低くなります」。

Q:手にはどんな菌がついているの?

A:「手についている菌は、善玉菌と悪玉菌の両方がいます。日ごろ体にいるような菌がほとんどなので、それほど問題はありませんが、食材などから食中毒の菌が手に付着する場合もありますので、注意が必要です。

例えば、肉や魚などの食材を触った手でおにぎりを作ると、それだけ食中毒のリスクが高まると考えられます」。

 

それでも、やっぱりキャラ弁は作りたい、という人も多いはず。具体的にどのような対策をしたらいいのでしょうか? 調理中に気をつけておきたいことを、花王のスキンケア事業グループの松井利彦さんに聞いてみました。

Q:夏場のキャラ弁作りで、気をつけた方がいいことは?

A:「まず、ご飯は特に菌が増えやすい素材なので、要注意です。おにぎりをつくるときはラップなどを使うと、付着する菌の数を抑えられます。

おかずも加熱した段階では菌はほぼいなくなりますが、素手で弁当箱に詰めると、手の菌がついてしまうかもしれません。とくに暑くて食材が傷みやすい時期は、清潔な菜箸やスプーンなどを使って詰めるようにしましょう」。

kin_kin

(左)食材など触った後の手、(右)ビオレU泡ハンドソープで30秒手洗いした後の手。
双方の手を寒天に付け、顕微鏡で細菌数を確認したもの。手洗い後にはほとんどの菌がいないことがわかります。

Q:そのほか気をつけておきたいことは?

A:「作る前には念入りに手洗いをすること。 水で流すだけでは十分に菌は落ちません。石鹸で手洗いをすると、それだけで98%ぐらいの菌は落ちるので、『ビオレu 泡ハンドソープ』などを使って手洗いするのがおすすめです。

皮脂などの脂はよく泡立てないと落ちません。また皮脂の中に入っている菌もいるので、よく泡立て、爪の隙間や指と指の間も洗うのがコツです。とくに親指のつけ根は洗い残しが多いので、念入りに。何かの拍子に手首も食材に触れてしまうかもしれないので、しっかりと手首まで洗いましょう。30秒ぐらいかけて洗えば、手についていた菌をほぼ減らすことができます」。

ライター感想

夏場のお弁当が腐りやすいのは知っていましたが、素手で食材に触ると菌を増やしてしまう原因になるのは考えたことはありませんでした。菌はゼロにはできなくても、なるべく増殖させないで減らす「減菌」を意識しようと思いました。

商品情報

うるおい守って楽しく手洗い!お子さまでも押しやすい、らくらくポンプの泡ハンドソープ

ビオレu 泡ハンドソープ

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!