【決定版】絶対かかりたくない!ノロウイルスの予防&対策

20161014_04

冬に注意が必要なノロウイルスは、1年を通して発生していますが、とくに11月から2月頃までが感染のピークといわれています。 自分や家族にも感染する可能性があると思うと、ちゃんと知っておきたいです。ノロウイルスの予防と対策について、医師で医療ジャーナリストの森田豊先生に聞いてみました。

ノロウイルスの症状と感染原因は?

森田先生の話によると、ノロウイルスは2、3日ほどの潜伏期間を経てから発症するんだとか。吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、発熱などの症状が1、2日続いた後、自然に回復に向かうそうですが、高齢者や小さいお子さんの場合は、ひどい下痢から脱水をおこし、入院が必要になることも…。

とくに発症後、3日間ぐらいは感染力が非常に強いそう。嘔吐物やトイレに残ったウイルスから二次感染してしまう場合もあるんだとか。

つらい症状に、感染の拡大…こわいノロウイルス、絶対かかりたくない!

でも、そもそもどうしてノロウイルスに感染してしまうのでしょうか?森田先生に聞いたところ、次の3つの感染ルートを教えてもらいました。

➀手からの感染

感染者の便や嘔吐物、ノロウイルスに汚染されたドアノブやトイレなどに触れた手を伝って、手からノロウイルスが体内に入って感染。

➁空気感染

感染者の便や嘔吐物から空気中に飛び散ったノロウイルスを吸入し感染。

➂食べ物からの感染

ノロウイルスに汚染された食べ物を、生食や加熱が不十分な状態で食べて感染。

 

なるほど。ノロウイルスに汚染された食べ物を食べたり、ノロウイルスが付着したものに触れたりして、手から体内に入って感染するんですね。それから、空気感染によって人体に入り込んで増殖することも…。

予防するにはどうすればよいのでしょうか。

習慣の見直しでノロウイルスの感染を防ぐ

森田先生が教えてくれた、ノロウイルスの予防と対策は、いずれも日常のちょっとした習慣からできるものばかりでした。

➀外出から帰ったときや、食事の前は必ず手を洗う

手を洗うときは、指輪などアクセサリーは外し、せっけんはしっかり泡立て、指もていねいに洗浄することが大事。また、洗ったあとは、清潔なタオルやペーパータオルで拭くのがおすすめ。感染リスクを減らすためにも、感染者がいるとき、タオルは家族間でも共有しないほうがいいんだとか。

➁健康管理に気をつける

ノロウイルスは身体の抵抗力が弱いとかかりやすいそう。体調が悪いときは、生ものは避け食品は中心部が85~90℃で、90秒以上しっかり加熱したものを食べるようにしましょう。

また、カキなどの二枚貝でもしっかり加熱すればノロウイルスは活動しなくなります。

➂トイレや調理器具の除菌

便や嘔吐物に含まれるノロウイルスから感染する場合があるので、感染者が出た場合、便座や便器はもちろん、トイレのドアノブや床、壁などもしっかり除菌をしましょう。

➃調理器具の除菌

調理をする人や、食品からの二次汚染を防ぐためにも、調理器具の除菌はもちろん、調理の前にはしっかり手洗いを。

➄汚物は適切な処理を

感染者が出た場合、嘔吐物や便などの汚物をきちんと処理することが、二次感染予防になります。ノロウイルスは、乾燥すると空中に漂うため、嘔吐物や便は乾燥しないうちに素早く処理することが感染拡大を防ぎます。このとき、次亜塩素酸ナトリウム」による消毒が効果的です。

ノロウイルスに感染した場合の対処法

もしもノロウイルスを発症してしまった場合の注意点について、森田先生に聞きました。 

➀下痢止めは原則として飲まない

下痢を止めようとして、薬を飲む人もいますが、ウイルスを出してしまったほうがよい場合も多いのです。ただ、下痢が続くことで、脱水を引き起こす可能性も。 脱水予防のために、水分はしっかり摂りましょう。水が飲めないときは、病院で点滴を。

➁安静にし、誤嚥に注意する

ノロウイルスに感染したら、安静に回復を待つとともに、むせないように気をつけることも大切。実は、ノロウイルスで死亡する場合の多くは、嘔吐物が気道に詰まることで起こる誤嚥が原因。 もしも、むせた場合は、背中を強く連続して叩くとで、気管からつまった嘔吐物が取り除きやすくなります。

➂通勤・通学は症状がおさまってから48時間後くらいが目安

ノロウイルスには、インフルエンザのように、感染時の通学・出勤停止期間の規定はありません。とはいえ、通勤や通学を開始するのは、症状がおさまってから48時間経過後が望ましいといわれています。 症状が治まった後も、ウイルスは体内にとどまり、1カ月ほどは、便中にウイルスが排泄され続けることが多いようですので、できるだけ周囲の人に感染させないよう、手洗いなどに気を配りましょう。

監修:森田豊先生

pc_article_bnr (1108)

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!