約7割の夫婦が家事シェアリングを実行! その満足度は?

kajishare1_1

 

夫婦がお互いに家事をする「家事シェアリング」、していますか? マイカジでは、既婚の共働き男女計442名(男性225名、女性217名)に独自アンケートを実施。さまざまな実態が見えてきました。

7割の家庭が家事シェアリングができている!

アンケートによると、「あなたの家では家事シェアリングできていますか?」という質問に対し、67%ができている、33%ができていないという回答。単純に考えると、3世帯に2世帯は、家事シェアリングをしているということになります。

 

Q:家事シェアリングできている?

家事シェアリングの満足度は、やはり(?)妻の方が低い…

家事シェアリングをしている男女に、現在の状況に満足しているか聞いたところ、「満足」「やや満足」を合わせて男性が62%、女性が50%となり高い結果になりました。みんな、結構満足しているんですね。

「あまり満足していない」「満足していない」に「どちらとも言えない」を合わせると、男性38%、女性33%と、満足しきれていない人もいるようです。

 

Q:現在の家事シェアリングに満足していますか?

<家事シェアリングに満足している人の声>

お互いに支え助け合い、信頼関係を築けています。積極性や意欲も感じられ、助かっていると実感しています。分担やお願いごと、感謝の気持ちを伝えたり、今後の計画も立て効率よくする相談等をしています。(女性・25歳/子どもなし/公務員)

お互い、自主的に協力してやっています。義務としてではなくできる範囲で協力し合うと話し合いました。
(男性・33歳/子どもなし/会社員(事務系))

ちゃんと分担し、お互いが不満のないようにできている。どのように役割分担をすると、一番効率的にできるかなど話し合っている。
(男性・31歳/子どもあり/会社員)

<家事シェアリングに不満を感じている人の声>

私の負担が大きいから家事を分担してほしい。(女性・37歳/子どもあり/会社員(技術系))

仕事量は一緒なのに、自分の方がかなりの家事を負担している。(女性・40歳/子どもあり/会社員)

もう少し手伝えればと思うが時間がない。(男性・35歳/子どもあり/会社員(事務系))

介入しすぎると逆にいやがられる。(男性・42歳/子どもなし/会社員(技術系))

 

女性は負担が大きいことに不満を感じ、男性は時間がなかったり、文句を言われたりすることに不満を感じているようです。

男女ともに、お互いに意識の違いがあることを理解して、少しずつ歩み寄っていくことが家事シェアリング成功の秘訣なのかもしれませんね。こちらで男性の本音をチェックしてみては?

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!