衣替えといえば、まずはこれ!白シャツ・白Tシャツのレベル別黄ばみの落とし方

白シャツ・白Tシャツのレベル別黄ばみの落とし方

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

夏の間に衣類にたまってしまった「黄ばみ」汚れ。そのままにしておくと、どんどん黄ばみが濃くなってしまうこともあるんです! 黄ばみはしっかり落としてから、衣替えをしましょう! 酸素系漂白剤を使えば、色柄物のアイテムでも安心して使えますよ。

 

準備するもの

  • 汚れライト:酸素系漂白剤(液体)…黄ばみが薄かったり、ついたばかりの場合
  • 汚れミドル:部分用酸素系漂白剤(スプレー)…黄ばみの範囲が広かったり、2、3回洗っても落ちない場合
  • 汚れヘビー:酸素系漂白剤(粉末)…黄みの程度が濃く、何度洗濯しても落ちない場合

 

手順

1. 黄ばみの程度に応じて、酸素系漂白剤を使う

黄ばみやすいのは、白いシャツのえりもとや手首回り、Tシャツのえりぐり、ワキの下など。黄ばみの程度に応じて、酸素系漂白剤でケアをしましょう(イラスト参照)。つけ置きをする場合は、40℃くらいのぬるま湯に粉末タイプの酸素系漂白剤を溶かし入れ(1Lの水に5gが目安)、約30分のつけ置きが有効です。

つけ置きをする場合、2時間以上はNG!
生地を傷めたり色落ちしたりすることがあります。

粉末タイプの酸素系漂白剤は「毛・絹」には使用できません

エンソサラシ (新表示は)の絵表示がついていれば、塩素系漂白剤での洗濯も可能です。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

2. 洗濯機の通常コースで洗う

漂白剤でケアし終わった衣類は、ボタンやファスナーを閉じ、洗濯ネットに入れて通常通り、洗濯機で洗います。このとき、ほかの洗濯物もいっしょに洗ってOK 。

3. 小ジワをのばしていつも通りに干す

洗濯終了後は、いつも通りに干しましょう。全体をパンパンと軽くたたいて小ジワをのばしてから干すと、仕上がりがよくなります。

 

 見た目には白くても、黄ばみの原因が残っている場合も!

黄ばみは、洗濯では落としきれなかった皮脂汚れが少しずつ蓄積したもの。目には見えなくても、空気中の酸素によって酸化されるとじょじょに黄ばみとして目に見えるようになることも。つまり、しまうときには黄ばんでいなくても、来年取り出したときに黄ばんでいることもある、というワケ。ですから、白シャツや白Tシャツはしまう前に酸素系漂白剤でケアをするのがオススメです。

 

黄ばみがすっきりとれるアイテムそろってます。

おすすめ商品のご購入はこちら
  • amazon
  • 楽天24
  • ケンコーコム
  • LOHACO
  • 爽快ドラッグ

イラスト:今井久恵

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!