洗い終わったら上手にしまいましょう!目指せ!省スペース収納テク

ill_a_04_hon_last

衣替えで気が重いことといえば、収納! ギュウギュウ、ぱんぱんに詰め込んだり、上手にたためずにぐちゃぐちゃになってしまったり…。そこで今回は、収納のプロに「来年取り出すときにもストレスフリー♪ 省スペースな収納テク」を教わりました。たたみづらさNo.1のボックスシーツを驚くほど簡単にたたむテクニックも紹介します!

  

収納力3割アップ!タテ置きたたみ

衣類の重みを利用して、収納力をぐ~んとアップ!

  1. 収納ケースを引き出しから取り出し、立てて置いて、たたんだ衣類を重ねていきます
  2. 衣類をすべてしまったら、横に戻して引き出しにしまいます

 

ブックスタンド使いで大物もすっきり収納!

デニムやシーツ、ラグなどをたたんでしまう場合、収納ケースの中でごちゃごちゃにならないように間仕切りを使うと便利です。中でも100均などで売っているブックスタンドはお手頃でオススメ。

 

「きっちりたたみ」で大きさをそろえれば、収納力もアップ!

収納力を上げるには、しまう入れ物の大きさに合わせて、たたむ物のサイズをそろえることも大事。トップスなどは型紙を作って、きっちり同じ大きさにたたむだけで、収納力もアップしますよ!

 

覚えておきたい収納の基本情報
・防虫剤は衣類の上部に置くと効果的!
・クリーニングから戻ってきた衣類は、ビニール袋から取り出してから収納を

 

ボックスシーツの上手なたたみ方

敷き布団をすっぽり包むボックスシーツ。使うときは便利だけど、きちんとたたむのは指南の技。そこで、収納達人に誰でもできるボックスシーツの上手なたたみ方を教わりました♪

  1. シーツを裏返し、長い辺の左右の角に両手を差し込む
  2. 右手の入っている角を左の角にかぶせる
  3. 左手はシーツに入れたまま、右手でかぶせた角を整える
  4. 1~3と同じように反対側の角もかぶせる
  5. 1~4まででできた両角を片方の角にかぶせる
  6. シワをのばして整え、適当な大きさにたたむ

 

 

 監修:整理収納アドバイザー すはらひろこさん

 イラスト:今井久恵

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!