カビやヌメりを防き、シンプルなバスルームにする方法

19b

 

毎日の疲れを癒やすお風呂は、いつでも気持ちよく入れる空間にしたいものですね。でも、石鹸やシャンプーなどのアイテムをズラリと置いていると、ボトルの下にカビが生えてしまうことも。そこで、清潔感のある空間にするために、お風呂もちょっとだけ模様替え。今回は、片付けるのが面倒なアイテムの置き方を変えてみることにしました。

17a

ボトルは色を統一させると、すっきり清潔&シンプル

まずは、シャンプーやリンス、ボディソープなどのボトルに注目。毎日のバスタイムに欠かせないアイテムですが、色がまちまちで、統一感もなく、なんだか落ち着かない。そこで、バスルームの色に合わせて購入したボトルに詰め替えました。

18a

シャンプーやリンスの区別がつくようにシールで目印をつけて。詰め替えだけで、バスルームが引き締まってぐっとオシャレな空間になりました。

ボトル下のヌメり&カビを防ぐには、直置きしないラックがお役立ち

鏡の前の台にシャンプーやリンスを並べていると、掃除しにくなり、放ってしまいがち。でも掃除をさぼると、ボトルの下にピンク汚れが発生してしまいます。

そこで、ボトルをラックにまとめて入れ、台に直置きしないようにしてみました。

19a

こうしておけば、お風呂上りのお掃除も、ラックを動かすだけでできるので簡単。「バスマジックリン」を軽くスプレーして、しばらく置き水で流せば、お掃除とともにピンク汚れやカビも予防できて一石二鳥です。

20a

〈片付け&お掃除しやすいバスルームのまとめ〉
・シャンプーなどを、同じ形状・色のボトルに詰め替えれば、統一感が出て清潔感もアップ
・物を床や台に直置きせず、ラックにまとめれば、掃除しやすくカビ予防に

今までもシャンプーなどはシンプルなボトルに詰め替え、なるべく文字情報が目に飛び込まないように工夫していましたが、ボトルの色に統一感がなかったことに気づき、替えてみました。さらに、ボトルをラックに入れたことにより、台の上に石鹸カスやぬめりが溜まりにくくなったので、今回の模様替えは大正解! お掃除しやすくなったので、お風呂のキレイがよりキープしやすくなりました。

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!