小物をすっきりまとめて、洗面台の輝きを保つコツ

22b

 

毎日家族が使う洗面所。こまごまとしたアイテムが多く、散乱しがちですよね。さらに、髪の毛や糸くず、ホコリ等がたまりやすく、石けんカスで汚れやすい場所でもあります。そこで、キレイをキープしやすくなるように、洗面所もプチ模様替えをしてみました。

21a

ピンやアクセサリーなど、なくしやすい小物を置く場所を用意

手を洗うときに指輪を外したり、子どもをお風呂に入れるときにヘアピンを取ったり…こまごましたものをそこらへんに置いてしまうと、洗面台の周りが散らかってしまいます。そこで、アクセサリーなどの小物を置く「一時置き場」を用意しました。

可愛いお気に入りの小皿を置いておけば、小さくて細かいものも散乱せず、なくしません。

22a

また、ゴムやパフなどの小物の保管には、小瓶を利用。同じ小瓶を使えば、まとまり感も出てスッキリします。見た目がスッキリしていることも、洗面所の清潔感につながります。

物がまとまっているとお掃除もしやすいので、洗面台のくもりに気づいたら、「バスマジックリン」をスプレーし、スポンジで拭き掃除。こまめにお掃除できると、汚れも溜まりにくい&落としやすく、洗面台がいつもピカピカ状態にできてうれしい!

23a

床に物を置かない!はキレイの鉄則

また洗面所では、体重計や洗濯道具など、ついつい床に置いてしまうアイテムも多いもの。でも、床に物があるとお掃除しづらいし、落ちた髪の毛などがくっついて、何だか気になります。

そこで、毎日使うものでも、使わないときは定位置にしまっておくことにしました。棚を利用し、洗濯機の上の空間を活用。細々したものはカゴや箱にまとめ、使うときに取り出しやすくしておくのがポイントです。見た目のごちゃつきも解消されるので、洗面所の限られた空間もスッキリ垢抜けて見えるようになりました。

24a

物が置いていない床なら、落ちた髪やホコリも「クイックルワイパー」でサッと短時間でお掃除できます。

25a

〈片づけ&お掃除しやすい洗面所のまとめ〉
・アクセサリーなどを置く、「一時置き場」として小皿を用意しておくと、小物を紛失せず、洗面台周りもすっきり
・汚れやすい洗面所の床には、物を置かないことを徹底。収納時は用途別に箱やカゴなどにまとめておくと、使う時に便利

うちの子ども達は、手洗い、うがい、洗顔、歯磨きなどがまだ上手ではなく、水を床に勢いよく飛び散らすことも。でも、床に物を置かないことを徹底してからは、拭き掃除もラクになりました。また、脱衣カゴを床に置かず、しまうスペースを作ったら、洗面所が広々と使えるように。お風呂上がりなど、子どもたちと押し合いへし合いすることがなくなり、大満足です。

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!