流すだけはNG?シンクと蛇口の汚れの正しい落とし方

sink_befaf03

 

キッチンのシンクや蛇口は、いつもキレイにしておきたいと思うけれど、毎日の家事に追われ洗いものだけでも精いっぱい。なかなかシンクや蛇口の掃除までできません。気がつくと白っぽくなっていたり、ヌルヌルしたり…。そこで掃除のプロ!家事研究家の高橋ゆきさんに教えていただき、効率的でピカピカになる掃除を実践してみました。

シンクは食器用洗剤でさっと洗うだけじゃダメなの?

普段のシンクや蛇口の掃除といえば、食器洗いの後に、その流れで食器用洗剤を含んだスポンジでクルクルとこすり、蛇口は水を使って泡などを流して終了。

PH1-1a

大掃除のときも特別なことはしていません。ただ乾いたときに蛇口などには水滴の跡がしっかり残ってしまうのは、やっぱり気になります。

PH4a

ピカピカ光るまでは程遠い状態。掃除したように見えないのは否めません。

高橋さんのNGポイント!

・スポンジでクルクルとこする・・・傷がついてしまう可能性大!
・蛇口は水で流すだけ・・・水滴の跡が残って、汚れに見えてしまいます!

研磨力の高い「マジックリン ピカッと輝くシート」でピカピカに!

シンクは水道水中のカルシウム分で白い汚れが付着しやすいところです。また蛇口の根元は水分がたまりやすく、ヌルつき汚れも出やすいのです。とくに濡れた手で触る部分は白い汚れがつきやすいんですよ」と高橋さん。

ピカピカにするために欠かせないのが研磨力の高いおそうじシート「マジックリン ピカッと輝くシート」だそうです。

PH3a

 

「マジックリン ピカッと輝くシート」のざらざらの面を水に濡らして、お掃除していきます!

PH5a

シートがしっかりしているので、水に濡らしても問題なし。シンクと蛇口をこすってみます。

PH6a

同じ方向にシートを動かすのが、傷もつきにくく、キレイに見えるポイント!

PH7a

あっという間にピカピカに。

こするときは、ステンレスの筋(ヘアライン)に沿って磨くこと。こうすることで傷つかず、仕上がりもよくなるそう。

こんなに簡単に掃除ができて、ピカピカを保つことができるなんて、本当にうれしいですね。スッキリピカピカのシンクや蛇口は見ていて気持ちがいいし、料理にもやる気が出てきますね! 

お手入れにはこういうやり方も◎

「マジックリン ピカッと輝くシート」も簡単に普段使いできますが、水滴跡のお手入れには高橋さんのアイディアグッズ「みつあみストッキング」を使うのもおすすめ。

さっそく私も作ってみました。

PH1a

伝線してしまったものなど、使い終わったストッキングを、みつあみにしていくだけなので、簡単&エコですね。ゆるめに編んで、25〜30cmくらいの長さにするのが使いやすいポイントだそうです。

両手で端をつかんで、蛇口を間に挟んで、片方ずつひっぱるようにして磨きます。

PH2a

編んだことで耐久性が上がり、長さもちょうどよくなりました!

PH10a

高橋さんのOKポイント!

・研磨力のある「マジックリン ピカッと輝くシート」を使って、水アカをしっかりキレイに。
・ヘアラインに沿って一方向にやさしく磨く。
・普段のお手入れに「みつあみストッキング」を使うのも◎!

 

商品情報

キッチンのレンジまわりやお風呂や洗面所のしつこい石けんカス汚れなど、いつものお掃除では落としにくかった汚れを落として、家中にピカピカの輝きがよみがえらせる住宅用おそうじシート

マジックリン ピカっと輝くシート

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!